【 諸費用の目安はこれくらいです。】

2019/04/02

 

家づくりの際、よく目にする『諸費用』という項目。

土地と建物以外に掛かる費用の総称で、手数料や税金など、さまざまな費用をまとめて表すのに便利な項目です。

しかし、逆に詳細がわからなるのは不安ですよね。

そこで、今日は諸費用についてお話しします。

諸費用は、大きく分けて

・申請や登記にかかる費用

・ローンを組む際にかかる費用

・その他

の3つがあります。

『申請や登記にかかる費用』は、建築設計図書の確認申請の際に支払う建築確認申請料、土地や建物の所有権を移転登記する際や、抵当権を設定する際に必要な登録免許税、土地家屋調査士や司法書士に支払う報酬などです。

『ローンを組む際に必要な費用』は、申し込みの際に必要な手数料、つなぎ融資を受ける際の利息や手数料、連帯保証人を設定しない代わりに支払う保証料、住宅ローンを申し込むために多くの金融機関で加入を義務付けられている火災保険料、ローン契約者の万が一に備えて加入する団体信用生命保険料、一定額以上の取引契約書に必要な収入印紙代などです。

なお、地震保険は火災保険と同時でないと申し込めません。

地震保険の加入を予定しているなら、その分も予算取りしておきましょう。

『その他』としては、

・地鎮祭や上棟式にかかる費用

・大工さんへの差し入れにかかる費用

・近隣への挨拶(手土産)代

・仮住まい費用

・引っ越し費用

・インターネットや電話の移設費用

・移転案内のはがき代

・新たに水道管を整備するための水道加入金

・自治体への加入金(加入は任意)

・ゴミステーション整備のための費用(地域によっては不要)

・土地から購入の方は仲介手数料

などがあります。

 

諸費用の目安には諸説ありますが、だいたい工事費の5~15%を目安にすると良いでしょう。

そのほかに、前回お話しした土地改良費、外構費のほか、家具家電購入費や設計変更に対応するための予備費を確保しておけば、安全予算での家づくりができそうですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , ,

[[こんなときどうするの?…職人にトイレを貸す?]

2019/03/29

今日は、「職人にトイレを貸す?」についてお話しします。

住みながらリフォームを依頼する時、お茶出しと同じくらい気になるのが職人のトイレ事情です。

「朝から夕方まで作業してもらうのに仮設トイレの話が出なかったということは、職人さんに自宅のトイレを貸すのが前提ということ?」

と不安になってしまいますよね。

そんな時は、『契約をする前に』業者に確認しておきましょう。

もしかしたら、近くのお店や公園のトイレを借りるつもりなのかもしれません。

もしかしたら、『諸費用』に仮設トイレの費用も含まれているのかもしれません。

いずれにせよ、不安を抱えた気持ちのままで契約するのは良いこととは言えません。

トイレは極めてプライベートな空間ですから、貸したくないと思って当然です。

質問して、お互いに納得した上で契約しましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , ,

【 施工業者の見積書では把握できない出費 】

2019/03/26

返済可能額を何度も計算し、万全の資金計画を立てて臨んだはずの新築計画。

なのに、予算オーバーしてしまう人は多いものです。

予算オーバーの原因になりやすいのは、施工業者の見積書では把握できない出費です。

初めて新築する人は『予算=土地代+建物代+諸費用』とイメージしがちです。

業者との打ち合わせでは、総予算から土地代と諸費用を差し引いた額を最大限に生かせる家づくりを検討していきます。

そのため、そんなイメージを持ってしまうのも仕方のないことなのかもしれません。

ところで見積書で把握できない出費には、どのようなものがあるのでしょう。

●地盤改良費

地盤改良を行う場合、数十万円から数百万円の費用が必要です。

しかし、地盤調査を行わずに契約をした場合、契約の段階では地盤改良の必要性すらわかりません。

●外構工事

カーポート・塀など、事前に必要な設備に対する予算取りをしたはずなのに、入居後に不便を感じて追加工事を行うことがあります。

別業者に依頼したり、複数回に分けて工事を行うと割高になりがちです。

●家具・家電

今まで使っていた家具や家電を使い続ける予定で、部屋数が増える分のエアコンや照明器具の費用は先取りしていた。

しかし、新居に持ち込んだ家具や家電が古臭く感じて、結局全部買い替えることになった…。

そんなケースは少なくありません。

●設計・仕様変更

建築中の新居を見てイメージが湧き、材料や設計・仕様の変更を依頼する人がいます。

わずかな変更でも、変更箇所が増えれば数十万~数百万円の出費になります。

「返済可能額を予算にしたものの、最終的には融資限度額が予算になってしまった」

「手元に残すはずだった資金を、予算超過分に充ててしまった」

となると、不安を抱えながら新生活を始めることになります。

新築経験者の失敗談も参考にしながら、今一度、予算配分を見直してみましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , ,

[[こんなときどうするの?…体感は大切]

2019/03/22

今日は、「体感は大切」というテーマでお話しします。

設備を交換する際は、できるだけショールームなどで実際の設備に触れることをお勧めします。

なぜなら、今まで使っていた設備の満足度が高いほど、新しい設備の小さな違和感が大きな不満につながるです。

よく耳にするのがトイレの便器の大きさです。

「便座が以前より小さくて落ち着かない」

「便器が大きくなって壁とのすき間が狭くなったので、掃除が大変」

また、キッチンについても、

「作業スペースが以前より狭くて使いにくい」

「収納スペースのサイズが変わったので、鍋などを置きたい場所に置けない」

などの声もあります。

便器を選ぶ時は実際に座ってみる、キッチンを選ぶ時はいつも料理や片付けするように動いてみる。

人目があると恥ずかしいかもしれませんが、小さな違和感を残さないため頑張ってみましょう。^^


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , ,

【 こんな業者は気を付けましょう。 】

2019/03/19

 

前回、上棟式についてお話しした時もそうでしたが、私は折に触れて

「みなさんに、業者と十分に話してください」

とお話ししています。

分らないからといって業者任せにしないこと。

お互いの考えを知り、よりよい家づくりのために協力し合うこと。

そのために会話する時間や、じっくり考える時間を確保するのは大切なことです。

ところが、業者の中には、あなたに考える余裕を与えたがらない人たちがいます。

なぜ彼らは話を急ぐのでしょうか。

その理由は、競合相手に先を越されたくないからです。

確実に契約を取り、利益につなげたいからです。

あなたのためではありません。

もし意志を尊重するのなら、自社の家づくりがあなたに役立つか判断してもらうため、じっくり検討してほしいと願うはずです。

しかし、営業マンには常に結果が求められています。

しかも、お客さんのほとんどは初めて新築する人ばかり。

リピーターが少なく、専門知識を持つお客さんが少ないことも、営業マンが自分のペースで話を進めやすい要因なのかもしれませんね。

業者がお互いの考えを伝え合うには、時間をかけて会話を重ねるしかありません。

なので、業者選びの段階で

・何度も電話を掛けてくる

・契約を急かす

・あなたの話を聞くことより自社の長所を話すことを優先する

などの兆候が見られたら要注意です。

その業者の家づくりの主役はあなたではなく、彼らになるかもしれませんから。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , ,
2019年 5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム