ひのきの家づくり

こう見ると“森”の中にすらっとまっすぐに空に向かって生えるひのきの林に見えませんか?

建物の寿命と耐震性のことを考えたら
ひのきの柱に辿りつきました。

「ひのきの森」、当社がそう呼ぶのは、「ひのきの四寸角を標準仕様として建築された住宅」のことです。建造から1300年以上もの間、立派にその姿を保っている「法隆寺」の構造である土台と柱に使用されているのはまさに「ひのき」。ひのきは、雨風雪にも地震などの災害にも、1世紀以上もの間、耐え続けることが立証されていた優れた建材なのです。
高温多湿の日本では、壁の中に湿気が溜まり、微生物や白蟻が繁殖しやすくなります。白蟻・ダニ・カビから大切な我が家を守り、長期に渡って安全と安心を約束してくれる本物の柱である「ひのき」。壁の中に隠れて見えなくなってしまいますが、何よりも重要な部分だからこそ、テクニカルホームでは、全ての構造柱と土台を「ひのき」にしております。

「ひのきの森」は、テクニカルホーム
株式会社の登録商標です。

ひのきの良いところ

  1. 1.他の材木より耐久性が優れているため、柱などの経年劣化が少ない。
  2. 2.引っ張り強さ・圧縮強度が強く、地震に強い。
  3. 3.室内の湿度を調節し、強い抗菌作用で、カビ・ダニの発生を抑止。
  4. 4.構造材のすべてに乾燥材木を使用しているため、耐朽性にも優れている。

材木1本1本にもこだわっています

テクニカルホームが産地や品種にこだわったひのきの材木は、プレカットされ、出荷まで大切に保管されています。材木は、木造住宅の"命"とも言える重要な箇所です。1本1本、厳しい目で選定されます。
テクニカルホームの建物は「耐震等級3」相当が標準です
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム