【 使いやすいと感じるキッチンは人それぞれです。 】

2019/07/16

 

前回、維持管理や将来のリフォームを視野に入れるなら、水廻りは一か所に集中させた方が良い、とお話ししました。

じつは、水廻りを一か所に集中させるメリットは他にもあります。

それは、家事を効率良く行えることです。

家事をする人にとって、キッチンの近くにあると便利なのが勝手口、洗面所、脱衣所、浴室、物干し場、サービスヤードなど。

キッチンを独立した空間にせず、つなげるように配置すれば、家事効率をさらに高めることができます。

キッチンにはI型、Ⅱ型、コの字型、L型など、いろんな形があります。

最も一般的なのは、シンクと作業台、コンロが同一線上にあるI型です。

壁側に設置することもできれば、対面キッチンとして設置することもできます。

ただ、横に長いと使いにくかったり、リビングにいる来客から丸見えになることがあります。

Ⅱ型は、シンクと作業スペース、調理・配膳スペースを並行に設置したものです。

I型の横移動と比べると移動距離が短いので効率的です。

ただし、この2列の間隔を広げすぎると移動距離が長くなるので、広いキッチンには不向きと言えるでしょう。

コの字型とL型も、I型よりシンクとコンロの移動距離が短くなります。

一方、後方の広さやその形から、複数での作業がしやすいのはメリットです。

ただし、コーナー部分の下がデッドスペースになりやすいのが難点。

収納スペースを少しでも多く確保したい方には好ましくない形です。

・キッチンの広さ

・キッチンでの作業人数

・視線や調理中のニオイへの配慮

・隣接するスペースとの関係性

などを考慮して、最適なものを見つけましょう。
 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , ,

[[こんなときどうするの?…浴室のカビ対策]

2019/07/12

今日は、「浴室のカビ対策」についてです。

梅雨の時期って、カビの増殖が気になりますよね。

掃除や換気も、いつも以上に気合が入ります。^^

ところでみなさんのお宅では、家族全員の入浴が終わってすぐにお風呂掃除をしますか?

それとも、翌朝や入浴前などに掃除しますか?

もし、すぐに掃除をしない場合は、入浴後に50度前後のお湯で壁や床を洗い流しておきましょう。

冷水より汚れが落ちやすいだけでなく、蒸発も早いので乾燥させる時間を短縮できますよ。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , ,

【 『耐力壁』ってご存知ですか? 】

2019/07/09

 

前回、間取りについてお話ししました。

今日は、その補足のようなお話しです。

家族の成長と共に家の住み心地は変化します。

そのため、築後20~30年過ぎると、間仕切りを撤去して空間を広くしたり、水廻りの設備を一新するなどのリフォームを行う人が増えてきます。

この時、部屋と部屋を仕切っている『間仕切り壁』が建物を支える役目を担っている場合、この壁を撤去することはできません。

しかし、中にはどうしても撤去したい人もいます。

その場合、壁の代わりに柱を設けるなどの対策を講じますが、強度をそれまでと同様に維持できるかは疑問です。

耐震性に不安を残してしまいます。

それを避け、リフォームの自由度を増やしたいなら、建物を支える『耐力壁』を、できるだけ外側に配置しましょう。

耐力壁・梁・柱を規則正しく配置しておけば、将来の不安材料を減らせますよ。

ところで水廻りをどのように配置する予定ですか?

水廻りは、配管の老朽化や湿気による構造部材の腐食など、リフォームの需要が多い場所です。

もし水廻りが一か所に集中していれば点検や補修を行いやすいだけでなく、費用を抑えることもできます。

将来、リフォームをする可能性は誰にでもあります。

間取りを決める際は、耐力壁や水廻りのことも意識してみてくださいね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , ,

【 間取りを考える前に 】

2019/07/02

 

間取りを考える際、まずは

敷地に接する道路の位置や隣家とのバランス、

駐車スペースや日当たりなどを考えながら

敷地のどこに、どのように新居を配置するか決めます。

配置を決めないうちに間取りを決めると、

庭を上手に活用できなかったり、

隣家と窓の位置が重なって計画の練り直しが必要になるなど、

思わぬ手間がかかることがあるからです。

ところで間取りを決めていくときの優先順位について考えたことはありますか?

優先順位は人それぞれです。

最初にリビングの位置を決める人もいれば、

キッチンの位置を決める人もいます。

こだわりがある場所ほど先に決めておきたいと、

無意識のうちに考えているのかもしれませんね。

どの順番が正解というわけではないのですが、

もし順番を迷っているなら、

家族と最も長く過ごす場所を最初に決めるのはどうでしょう。

その場所はリビングかもしれません。

ダイニングかもしれません。

もしかすると、和室かもしれません。

家族によって、その場所は変わることでしょう。

さて、家族と最も長く過ごす部屋はどこだかイメージできましたか?

あなたがその部屋に望むことは、日当たりの良さでしょうか。

静かさでしょうか。

それとも広さでしょうか。

その望みを叶えられる場所は、敷地のどのあたりになりますか?

生活動線や作業動線を考慮すると、

それ以外の空間はどの位置が最適ですか?

まずは白い紙にざっくりと描き、それらの輪郭が掴めてきたら

次は方眼紙に書き起こしてみましょう。

最初から広さを考慮しながら方眼紙に書き込むと、

消したり書いたりを繰り返し、ウンザリすることがあります。

あなたにそんな経験があるなら、この方法を試すのも面白いと思いますよ。^^


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , ,

[[こんなときどうするの?…シロアリの痕跡]

2019/06/28

今日は、「シロアリの痕跡」についてです。

ベタ基礎は布基礎よりシロアリ被害が少ないと言われています。

しかし、ゼロではないので油断は禁物です。

みなさんのお宅も、新築時に薬剤でシロアリ対策をしたことでしょう。

その保証期間が過ぎているのなら、シロアリの痕跡が無いか、家の周囲をチェックしてみましょう。

 床でフワフワしているところはありませんか?

・壁を叩くと、今までとは違って空洞のような音がする

・庭の枯れ木に虫が食べたような跡がある

・小さく盛り上がった土が、外から床下まで続いている

などの症状はありませんか?

もしあるなら、すでにシロアリの被害が出ているかもしれません。

早期発見できれば、被害を最小限に抑えられます。

「これはシロアリの痕跡かもしれない」と思ったら、すぐに施工業者か専門業者に点検を依頼しましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , ,
2019年 7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム