【 すり合わせは丁寧に 】

2017/10/03

 

実家への帰省、旅先でのホテル宿泊など、自宅以外の場所で過ごすのは楽しいですね。

しかし不思議なことに、どんなに楽しい場所で過ごしても、自宅に帰った時、

「あー、やっぱり自分の家が一番落ち着くー」

と思うものです。

その理由について、考えたことはありますか?

色々な意見があると思いますが、私は

「自宅は自分の価値観が反映された居心地の良い場所だから」

だと思います。

カーテンや家具などの色やデザイン、間取りや使い勝手など、自宅はあなたの価値観を満足させてくれます。

一方、実家の場合、親の価値観が優先されています。

「子どもの時はくつろげたのに、今は自分が『お客さん』な感じがする」

と思うのは、自分の価値観に合う空間で暮らすことに慣れてしまったからです。

賃貸住宅でも、自分の価値観に合わせて室内をアレンジできます。

しかし、新築をすると、室内だけでなく、住む場所も建物の外観も設備も、全てに家族の価値観を反映することができます。

これは賃貸住宅にはないメリットです。

もし皆さんに

「自分の価値観に自信がないから、知人や業者の意見をベースに考えたい」

という考えがあるのなら、それはやめた方が良いでしょう。

他人の考えは、あくまでも参考程度に留めておくべきです。

ベースにすべきは、あなたと家族の価値観です。

そして、もし親子で意見が対立した場合、夫婦の価値観を優先してください。

なぜなら、その家に長く住み続けるのは夫婦だからです。

住宅ローンを払うのも夫婦です。

そう考えると、20歳前後で巣立つ子どもの価値観に合わせるのは、ちょっと違いますよね?

といっても、一方的に価値観をお子さんに押し付けるのではなくお互いの考えを話し、その価値観をすり合わせて行く作業は大切です。

「自分の部屋が欲しい」

というお子さんに対して、一方的に

「そんなのは必要ありません」

なんて言わないでくださいね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

【 家を建てる目的を覚えていますか? 】

2017/09/26

 

家を建てるということは、人生最大の事業です。

決して一時の勢いで建てて良いものではありません。

しかし多くの人たちは、あっという間に建ててしまいます。

もしかすると、数十年住み続けることの意味が理解できていないのかもしれません。

新築計画は、短期、中期、長期で、物事を考えましょう。

このとき、何より大切なのは、

『家を建てる事が目的にならないようにすること』

『家族が毎日の生活を楽しめる家をつくること』

です。

●短期的な事。

資金計画、土地調査、業者、建築スケジュール、プラン、デザイン、

設備、建材、工法、構造、照明、空調、法律、税金、保険などです。

●中期的な事。

メンテナンス、修理、リフォームです。

メンテナンスフリーの家はありません。

手入れをしながら住まなければいけません。

●長期的な事。

建替え、相続についてです。

家が劣化した時に建替えるのか、住み続けるのか。

あるいは相続させずに売却するのかなどを考えておかなければいけません。

繰り返しますが、最も大切なことは、

『家族が毎日の生活を楽しめる家をつくること』

を目的にすることです。

家を建てるには、実にさまざまなことを決定しなければなりません。

迷うことも多いものです。

そんな時、『幸せな生活ができるかどうか』を判断基準にしておくと、大きな失敗をすることはありません。

これはとても大切なことなので、決して忘れないようにしてくださいね。


カテゴリー: ご挨拶・雑記  タグ:, , , , , , , , , , ,

【 家づくりにおける5つのポイント 】

2017/09/12

 

家づくりをするうえで、大事なポイントは5つあります。

それは、

(1)不動産としての価値を落とさない。

(2)綿密な計画をたてる。

(3)家族全員の価値観を住まいづくりに反映させる理念作り。

(4)あふれる情報の中から質・量ともに正しいものをどう選ぶか。

(5)相談相手を間違えない。

ということです。

そのことについて、知っておいて欲しいことがあります。

第二次大戦後、日本には住まいを失った人が溢れていました。

ですから、短期間に数多くの家を建てることが求められていました。

そんな状況で、住宅業界が起こした問題があります。

一つ目は「シックハウス問題」。

新建材が原因で、住む人が病気になりました。

二つ目は「精神的な問題」。

LDKプランで家族間の会話が奪われ、家族間問題を引き起すきっかけになりました。

三つ目は「経済的な病気」。

住宅ローンが原因で、毎年8万人の自己破産者が出ています。

自殺者は毎年約1万人です。

四つ目は「環境問題」。

新建材の家を壊した時の廃材が、産業廃棄物の7割を占めています。

マイホームは人が幸せになるために手に入れるものです。

でも、家を建てたために、

病気になる

家族がばらばらになる

自己破産する

産業廃棄物になる

そんなのはイヤですよね。

そうならないためにどうすればいいのか、次回お話しします。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , ,

【 竣工検査と完了検査は目的が違います。 】

2017/09/05

 今日は、建築基準法に基づく3つの手続きについてお話しします。

 

■建築確認

着工前に行われる書面による審査で、全ての建物が対象となります。

その建物の建築計画が法令に適合しているか厳しくチェックされます。

建築確認の申請をした後は、大きな計画変更ができません。

もし計画を大きく変更する場合は、再度申請する必要があります。

■中間検査

文字通り、工事の途中に行われる検査です。

図面通りに施工されているかチェックします。

合格しないと、次の工程に進むことができません。

建築対象は、都道府県知事や市町村長が指定した建物です。

全ての建物が対象となるわけではありません。

ちなみに、個人の住宅の場合、木造3階以上の建物が対象になる自治体が多いです。

■完了検査

建築確認を受けた建物全てが対象となります。

合格した建物には『検査済証』が交付されます。

不合格の場合、違反建築物と認定され、施工停止命令、建築物の除去、修繕、使用制限などが命令されます。

この命令に違反した者や、構造耐力に関わる基準等の重大な規定違反を犯した設計者には3年以下の懲役または300万円以下の罰金が科せられます。

前回お話しした『竣工検査』は、業者とあなたが主役でしたね。

傷や汚れ、使い勝手などを隅々まで調べるものでした。

『完了検査』の目的は全く違います。

建物が法に基づいて施工されているかを調べるものです。

なお、中間検査と完了検査は、施工業者と指定確認検査機関等の担当者で行います。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

【 土地さがしと一緒に  】

2017/08/22

 

あなたは、土地代金と建物代金の両方を1つの住宅ローンで支払う予定ですか?

もしそうなら、知っておいてほしいことがあります。

それは、

『先に土地の購入手続きをすると、家づくりの打ち合わせに使える時間が限られてしまう』

ということです。

あなたに土地を売る不動産屋さんは、手付金を受け取って売買契約を交わし、残金の支払いを待ちます。

しかし、待てる期間は数か月程度です。

その数ヶ月の間に工務店を探して打ち合わせをし、合間に住宅ローンを融資してくれる金融期間を決めたりと

…想像するだけで頭が痛くなりますね。

この忙しさから逃れるには

・土地代を現金で支払う

・予め施工業者を決定し、できるところまで進めておく

・土地と建物それぞれに住宅ローンを組む

といった方法があります。

工務店を決めるより先に気に入った土地を見つけた時は、支払い方法や時期についての不明点は、不動産屋さんに積極的に質問しましょう。

逆に、依頼したい工務店を先に決めた時は、アドバイスを参考にしながら土地を選びましょう。

工務店によっては、不動産屋さんと直接連絡を取って、建物代金の初回支払日(=土地代金の支払日)を決めてくれます。

お施主さん抜きで話が進むことを不本意に感じる人がいるかもしれませんが、専門業者が直接連絡を取り合って調整してくれるのは、何かと忙しい方にとってはありがたいですよね。

より良い家づくりのために、小さな疑問でも気軽に相談できる関係を築きたいですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

【 早い時期に多額の支払いを要求されていませんか? 】

2017/08/15

 

家づくりの費用は複数回で支払うのが一般的です。

支払回数は会社によって異なりますが、

・契約時

・着工時

・上棟時

・完成引き渡し時

などの節目に合わせる場合が多いものです。

支払い額は、総額を単純に支払い回数で割る場合もあれば、契約時を少なめにし、引き渡し時を多めに設定する場合もあります。

業者と提携している金融機関の住宅ローンを利用する場合、業者が金融機関に連絡をしてくれるので、お施主さんが支払い予定日や金額を金融機関に連絡する必要はありません。

しかし、ご自身で選んだ場合、金融機関に連絡するのはご自身の役割になります。

住宅ローンが正式に実行されるのは、基本的に新居が完成してからです。

それまでに複数回に渡って受ける融資は、『つなぎ融資』と呼ばれます。

つなぎ融資の段階では、担保となる新居は完成していません。

ですから、その期間だけ少し高めの金利に設定されたり、別途費用が必要になる場合があります。

なお、金融機関によっては、つなぎ融資を利用せず、分割融資を受けられる場合もあります。

いずれにしても、契約手数料、金利、返済時期などについて、理解できるまで質問をすることが大切です。

既に倒産してしまいましたが

着工前に7割もの代金をお施主さまに要求していた業者がいました。(大手ハウスメーカーです)

負債が膨らんで倒産したため、建築途中の住宅の引き渡しが不可能になり、大きなニュースになりました。

本来なら、業者が倒産した場合には他の業者が引き継いで完成させます。

しかし、彼らは独自の工法を用いていたため、他の業者が施工を引き継ぐことは困難でした。

もしあなたが依頼した業者が、早い時期に多額の支払いを要求してきた場合は要注意です。

「おかしいな」

と思ったら、公的機関などの第三者に相談しましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

【 現場の写真、SNSで紹介しますか? 】

2017/08/08

 

家づくりには、多くの専門業者が関わります。

まずは地盤改良のプロが地震に負けない強固な地盤に仕上げ、基礎工事のプロが、頑丈で傾きの無い安定した土台を作ります。

その後は、いよいよ躯体工事。

基礎工事の職人数は割と多いのですが、躯体工事では2~3名程度が一般的です。

ただし、上棟式を行う日だけは違います。

大人数で一気に作業を進めるので、家は、朝と夕方では全く違う姿になります。

それはもう、見ているだけでワクワクします。

ところで上棟式をするかしないかは、お施主様の意思に任されています。

ただ、中には上棟式を強要する業者がいるとか

しかし、仕事や金銭的な事情など、人には様々な事情があるものです。

強制に従って渋々実施するくらいなら毅然と断りましょう。

余計なストレスを溜めるのは体に悪いですからね。

ちなみに、上棟式には神道と仏教の2つの様式があります。

どちらも安全祈願が目的です。

また、上棟式は関係者が一同に会する数少ない機会なので

「お互い、一致団結して良い家を建てましょう」

と意思を共有する場としても活用されています。

なお、上棟式の準備は地鎮祭より大変です。

神主(又は住職)の手配だけでなく、

出席者への食事、酒、ご祝儀などの手配もあります。

投げ餅をするなら、餅や菓子などの準備も必要です。

これらは、地域によって用意するものが異なる場合があります。

上棟式をするなら、期日に余裕を持って工務店と打ち合わせしたいですね。

また上棟式の時だけでなく、見学に行く際は、ぜひいろんな角度で写真を撮ってみてください。

その日の現場の姿は、その日その時だけの貴重なものです。

それらをアルバムにまとめると良い思い出になりますね。

ただ、それらの写真をSNSに掲載する時は要注意です。

不特定多数の人が自由に見れるような設定の場合、どんなトラブルに巻き込まれるかわかりません。

放火などの犯罪のほか、その画像を見た知人が嫉妬し、施主にいやがらせをした事例もあります。

また、善意・悪意を問わず、その画像を転用されることもあります。

もし皆さんがSNSに投稿する場合は、転ばぬ先の杖として、親族や信頼できる友人など、『閲覧者限定』の設定にすることも検討してみてください。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

【 自分の家だから自由に見学したいですよね。でも… 】

2017/08/01

 

地鎮祭の数日後に新築工事が始まると、お施主さまが現場でできることは『見守る』ことだけになります。

 

それを意味の無いことだとは思わず、時間がある時は現場で工事の過程を見てください。

 

事前に渡された工程表を見ながら

 

「今日から次の工程に入るのか」

 

「今日は外壁が仕上がる日だから、夕方見に行こうかな」

 

などと思いを巡らせるのは楽しいものです。

 

お施主様は自分の家を建てているのですから、好きな時間に訪れて、あちこち見たり触ったりしたくなるのは当然ですよね。

 

しかし、きちんと施工し、完成した家をお施主様に引き渡すまでは、私達に管理責任があります。

現場ならではのルールがありますので

 

そこはぜひ、協力してくださいね。

 

 

現場で職人は、施工ミスやケガなどの事故を防ぐため、意識を集中して作業を行っています。

 

ちょっと不機嫌そうに見えるかもしれません

 

どの職人さんもいい人ばかりですが

 

気合を入れて集中している所に所構わず話しかけると

 

やはりいい顔はできません・・・

 

ただ、職人さんもあなたの不安な気持ちは分かっています。

 

 ですから、疑問点や不安な点があれば、遠慮なく質問してください。

 

昼休みや休憩時間など、集中力を切らしても支障が無い時間帯なら、お互いにリラックスして会話ができそうですね。

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

【 地鎮祭や挨拶時の服装は? 】

2017/07/25

 

 

 

地鎮祭は、笙(しょう)や竜笛(りゅうてき)など、日ごろ聞き慣れない楽器の音に包まれた中、厳かに行われます。

 

その音色を聞いて、近隣の方も自宅を新築した頃を思い出したり、

 

「これから数カ月は、この静かな環境が侵されるのか・・・」

 

と少しばかり気が滅入ったりと、様々な感情が湧きあがります。

 

 

そのタイミングで業者と挨拶に行くと、相手の不安感を最短で和らげることができます。

 

あなたにとっても、近隣の方の様子を早々にチェックできることは、何かと役立つことでしょう。

 

 

地鎮祭の時、どのような服装にすればいいか考えたことはありますか?

 

幸いなことに、特に決まりはないので、礼服でも平服でも構いません。

 

ただ、地鎮祭は風よけも雨よけもない場所で行われるのが一般的ですから、気温や天候に合わせた服装にする必要はあります。

 

そのほか、地鎮祭の後の挨拶のことまで考えるなら、近隣の人にどんな印象を与えたいか、ということも考慮したいものです。

 

 

 挨拶時の服装に決まりはありませんが、

 

・ラフすぎる格好は控える

 

・ニオイがキツイ化粧品・香水は避ける

 

・煙草のニオイをまとって行かない

 

など、好感度を下げないことは心がけましょう。

 

 

以前もお話ししましたが、人の第一印象に大きな影響を与えるのは『見た目』です。

 

挨拶に行くことによって相手の信頼感を得たいと思っていますので

 

「こんな人があの土地に住むなんてイヤだな」

 

と思われるより

 

「この人は礼儀正しい人だから、ひとまず安心だな」

 

と思われる方がいいですね。(誰だってそうです。^^

 

そのためには、まず相手に不快な印象を与えないことが大前提です。

 

 

また、『不快なニオイ』は相手に強い印象を残します。

 

最近はニオイに敏感な方が多いですよね。

 

自分が心地よいと感じる香りでも、相手にとっては不快な場合があるものです。

 

ですから、香りが主張しすぎていないか確かめてください。

 

もちろん、タバコのニオイを相手の玄関先に持ち込むのは絶対に禁止です。

 

タバコのニオイに激しい拒否反応を示す人は多いですからね。

 

ちょっとした気遣いが相手の印象を大きく左右すかもしれません。

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , ,

【 ご近所さんと良い関係を築くための第一歩 】

2017/07/18

 

 

前回、新築を依頼した人の8割は自宅の施工現場に何らかの不満を持つ、という話をしました。

 

もし皆さんの現場でも同じことが起きたら、近隣の方は不快感を抱くでしょう。

 

 

しかし、そんな相手の不満を和らげる方法があります。

 

それが『工事開始前の挨拶』です。

 

お施主さんや工事関係者が事前に挨拶に来てくれた…。

 

ただそれだけのことなのに、怒りや不満が和らぐことが多いんです。

 

 

新築の際、近隣に迷惑をかけない人などいません。

 

『お互い様』という気持ちは誰にもあります。

 

だからこそ、自分を気遣って、施主や関係者が事前のお詫びと挨拶に来てくれる心遣いを、より嬉しく感じるんです。

 

最低限挨拶しておきたいのは向こう三軒両隣です。

 

その他、工事車両の出入りで不便な思いをするお宅にも挨拶をしておきたいですね。

 

 

なお、タイミングとしては地鎮祭の日がベストです。

 

地鎮祭が終わった後、業者と一緒に挨拶に行きましょう。

 

一緒に行くことによって、近隣の方の負担を減らせます。

 

お施主さんにとっても、一人で挨拶に行くより心強いですよね。

是非、家づくりの初めの一歩としてご近隣のご挨拶は検討しましょう。

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

【 職人は会社を表します。 】

2017/07/11

  

新築を依頼した人の8割は、自宅の施工現場に何らかの不満を持つといいます。

 

最大の不満の原因は『職人の態度』です。

 

・挨拶をしない

 

・作業態度が悪い

 

・煙草を吸う

 

・大声で話す

 

・見た目に清潔感が無い

 

・横柄

 

 

営業マンなど、接客の機会が多いスタッフは、相手に好感を抱いてもらえるよう、努力を怠りません。

 

話し方や話す内容、身だしなみに心を配ります。

 

しかし、職人は家を作るのが仕事ですから、接客のスキルを磨く必要性を感じない人が多いようです。

 

 

もしあなたが

 

「職人はそれくらいでいいんじゃないの?」

 

と思うタイプなら全く問題はありません。

 

しかし、職人の態度に不満を感じるなら、そんな職人を抱える業者に依頼するのは考えものです。

 

なぜなら、職人にマナー教育をしない業者は、

 

「客に見えるところ(接客担当)だけきちんとしておけばいい」

 

という方針ということになるからです。

 

 

ところで、お客さんに最も接する人といえば、営業マンなどの接客担当者ですよね。

 

ところが、道行く人に最も接する人は、接客担当者ではなく『職人』なんです。

 

 

あなたが施工現場を通りかかった時、その現場の職人に不満を抱いたなら・・・。

 

そのような事がないように気を付けていきたいと思います。

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

【 追加や変更のリスクとは 】

2017/07/04

 

新築工事が進んでいくと、図面の段階では感じなかった要望や不満が出てくることがあります。

 

そのため、工事が始まってから変更や追加を依頼する場合があります。

 

このとき、最初の打ち合わせのように綿密にするのではなく、口頭でのやりとりをするとトラブルのもとになります。

 

・お互いの解釈のズレに気付きにくい

 

・工期が延びる

 

・人件費や材料費などの追加費用が発生する

 

といったことが原因になるトラブルは少なくありません。

 

 これらのトラブルが起きる理由の多くは、説明不足と理解不足です。

 

それを予防するには、

 

・妥協をせずに時間を掛けて打ち合わせる

 

・その都度書面に残す

 

などの手間が欠かせません。

 

 

ところで、図面には、基本となる設計図の他に、より詳細に(材料や仕様や性能など)表現する書類があります。

 

 

これらは

 

「この内容で契約します」

 

という意味を込めて契約書に添付されます。

 

契約書に添付されるということは、それだけ大きな意味を持つということです。

 

変更や追加によるリスクを避けるためにも、入念に打ち合わせしたいですね。

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【 敷地調査と地盤調査 】

2017/06/27

 

時間や曜日、天気などによって、土地の様子は変化します。

 

土日は静かなのに、平日は近所の工場の音がうるさかったり、風向きによって畑の肥料のニオイが届いたり。

 

その環境の中で、今後数十年暮らすわけですから、本当に買っても大丈夫な土地なのか、入念に調べたいものです。

 

 

購入した土地は、業者によってさらに調べられます。

 

それが、敷地調査と地盤調査です。

 

 

敷地調査では、

 

・形状や隣接地との敷地境界線

 

・道路との関係

 

・建築協定

 

・建ぺい率や高さの制限

 

・用途地域

 

など、さまざまな項目の調査が行われます。

 

地盤調査は、住宅業者が専門業者に依頼します。

 

設計図面が確定する前に地盤調査を行う方もいますが、図面が確定した後に

 

正確な建物の配置で地盤調査を行うようにしましょう。

 

また敷地調査は無料で行われることが多いのですが、専門の機械を使う地盤調査の場合、費用が発生します。

 

地盤に問題がある場合は、基礎工事に入る前に地盤改良を行います。

 

 ここ数年、全国各地で地震が頻発していますね。

 

自宅の耐震性を高めるには、地盤の強度の確保が欠かせません。

 

地盤が弱い場合、地盤改良だけで数十万円から数百万円の費用が発生することもありますが、安全に暮らすためには仕方ありません。

 

もし費用負担を少しでも抑えたいなら、海や川、水田などを埋立てた土地やその周辺など、地盤に問題がありそうな場所は避けたいですね。

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , , ,

【 資金計画は、無理をするとリバウンドします 】

2017/06/20

 

家づくりの予算を決める時、借り入れ可能額(いくら借りることができるのか)ではなく、返済可能額(いくらなら無理なく返せるのか)をもとに決めると借り過ぎを防ぐことができます。

 

その際、忘れてはならないことがあります。

 

今後数十年間に予想される出費についてです。

 

固定資産税、メンテナンス費用、子どもの教育費、車の買い替え、車検、老後に向けた貯蓄・・・。

 

それらを意識しながら、返済可能額を考えてみましょう。

 

 

ところで、

 

「家は欲しいけど、毎月貯金をするのが難しい」

 

という人がいます。

 

しかし、毎日の生活の中に節約のチャンスは少なからずあるものです。

 

例えば、

 

・健康維持のためにジムに通う → ウォーキングなど無料でできる運動にする

 

・ダイエットグッズやサプリが欠かせない → 生活習慣や食習慣を見直す

 

・近所のスーパーに車で行く → 健康増進と節約を兼ねて自転車で行く

 

という感じ。

 

 

習慣化できるまでは大変ですが、その分、無駄な出費を減らせるとなれば、楽しみながら頑張れるのではないでしょうか。

 

 

ただし、1つだけ注意点があります。

 

それは『無理をしないこと』です。

 

なぜなら、無理をした分だけ大きな反動がやってくるからです。

 

無理なダイエットをした人は、その反動で沢山食べてリバウンドしてしまいがちですよね。

 

それと同じです。

 

 

生活を見直して出費を減らそうと考えているなら、今月は1つか2つの項目だけに絞ってみましょう。

 

それを無理なく達成できるようになったら、新たに1つか2つの項目を追加してみましょう。

 

 

必要と思っていた出費でも、浪費の可能性があります。

 

考え方や生活習慣を変えるだけで減らせる支出は少なくありません。

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , ,

【 近隣の家を観察しましょう 】

2017/06/13

 

住まいづくりは、家の中のことだけを考えればいいわけではありません。

 

景観や実用性を意識した庭づくりも大切です。

 

室外機などの設置場所を、隣家に配慮しながら決めることも大切です。

 

 家づくりが初めての人にとって、これらを紙の上だけで考えるのは、とても難しい作業です。

 

しかし、それらを皆さんが全部考える必要はありません。

 

専門知識を持つ施工業者が、あなたの要望をもとに最適なプランを練り上げます。

 

ただ、その時、あなたの要望が曖昧だと作業をスムーズに進めることは難しいものです。

 

また、業者にどんな提案をされても、あなたはそれを、どれも今一つだと感じてしまいます。

 

 満足できるプラン作りをするには、

 

「今の住まいより、少しでも広い家にしたい」

 

「自分の部屋が欲しい」

 

といった、建物に対する要望ではなく、

 

「家事を効率的に終わらせ、家族と過ごす時間を楽しみたい」

 

「コツコツ集めてきた本やDVDをリラックスできる部屋で存分に楽しみたい」

 

など、新居での過ごし方に目を向けて考えることが大切です。

 

ぜひ意識してみてください。

 

 ところで住宅情報誌やインターネットで情報収集することが多いですか?

 

それとも、住宅展示場や完成見学会などに行く方が多いですか?

 

 じつは、あなたのまわりには、もっと役立つ情報源があります。

 

それは、あなたが暮らす地域の家々です。

 

 「あの家は、隣家との距離が狭すぎて住みにくそう」

 

「あの方法なら外からの視線を程よく防げるな」

 

「外壁をあの色にしようと思っていたけど、結構汚れが目立つのね」

 

など、沢山の気付きを得られます。

 

ただ眺めるだけでなく、住人に住み心地や体験談を聞くこともできます。

 

 家族の暮らしに合わせた家を建てるなら、上記のような情報収集は役立ちますよ。

 

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , ,

【 ハトは太陽光パネルが大好き ? 】

2017/06/06

 

太陽光パネルを屋根に設置している家が増えてきましたね。

 

それに伴い、

 

「太陽光パネルと瓦屋根の間にハトが巣を作って困っている」

 

という声も増えています。

 

 

メーカーは、屋根は太陽の熱で熱くなるので鳥は巣を作らないという見解ですが、実際には数多く作られています。

 

太陽光パネルと屋根の間に巣作りをすれば、ハトは天敵のネコやヘビを避けられます。

 

ベランダなどと違い、人間が追い払いに来ることもないので安心なのでしょう。

 

 しかし人間にとっては一大事です。

 

ハトには帰巣本能があり、一度巣作りをすると、どんなに追い払ってもそこに戻ろうとしますからね。

 

またハトのフンは、屋根の景観を損ねるだけでなく、屋根の劣化を早めます。

 

しかも厄介なことに、ハトには有害な菌が沢山寄生しています。

 

 ちなみに、人に感染した場合の症状は以下の通りです。

 

 ・クリプトコックス症

 

 軽症の場合は皮膚炎程度ですが、重症の場合、脳や脳脊髄膜に病巣を作り、死に至るケースもあります。

 

 ・ヒストプラズマ症

 

 カビの一種で、発病すると肺結核に似た症状があらわれます。

 

 ドバトのフンに空気中の胞子が落ち、温湿度などの条件が整うと急激に増殖。

 

 触れると感染するので、フンの始末の際は充分な注意が必要です。

  

まだまだありますが、気が滅入るのでやめておきましょう。

 

 ハトをはじめとする野生の鳥は、市町村の捕獲許可がないと捕獲することができません。

 

無許可で捕獲すると、鳥獣保護法に抵触します。

 

ですから、太陽光パネルを設置する際は、ハト対策についても検討しておきたいものです。

 

 ただ、対策方法によっては、太陽光パネルの保証が受けられなくなる場合があります。

 しかも屋根の上は危険な場所です。

 

自身で対策するのは避け、施工業者か鳥駆除の専門業者に依頼するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , ,

【 業者によって見積書の記載方法は異なります 】

2017/05/30

 

新築時、費用の内訳に興味がない人はいませんよね?

 一般的に、費用の内訳は

 ・本体工事費用(躯体・仕上げ)

 ・別途費用(水道・ガス・外構など)

 ・諸費用(各種申請など)

 の3つに分けられます。

 しかし、あなたが本当に知りたいのはこれだけですか?

 本当は、そこに隠された費用を知りたいと思っていませんか?

 家は材料があればできるものではありません。

 人件費や通信費などの経費、会社が存続するために必要な利益なども、そこに含まれています。

 業者によっては、広告宣伝に多額の費用を投入しています。

 この分類の仕方だと、それらが全く見えません。

 ・工事原価・経費・利益

 の記載があるとわかりやすいのですが、現状では、このスタイルで見積書を作成する業者はわずかです。

 なぜなら、

 「利益や経費を減らせ」

 とお客さんから言われるかもしれないからです 

 家電や車を買う時、当然ながら利益や経費の記載はありません。

 それらは一点ものではないし、一生の中で複数回購入します。

 販売店によって金額が異なることはあっても、性能や使い勝手が異なることはありません。

 今回の販売店に不満を抱いたなら、次回からそこを利用しなければいいだけです。

しかし、ほとんどの方は一生に一度しか家づくりをしません。

 業者次第で満足度は大きく変わってきます。

 だからこそ、業者選びにかける思いは、他の買い物とは比べ物にならないんです。

業者毎の見積を比べることは非常に困難です。

信頼できる業者に一度相談してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

【 見積書は作成前が重要です。 】

2017/05/23

業者を選ぶ際、複数の業者に直接会って話をしますよね。

 その際、

「ぜひ見積もりだけでも作らせて」

とお願いされることも1回や2回ではないでしょう。

しかし、見積書の金額だけで比べると失敗します。

そうでなくて、別の視点から観察してください。

  別の視点とは『質問』です。

 業者は、どんな質問をしましたか?

 「リビングの広さはどれくらいがいいですか?」

 「子供部屋はいくつ必要ですか?」

 こんな質問をする業者は、いくら金額が魅力的でも候補から外した方が良いでしょう。

逆に、

 「どんなふうにくつろいでいる時が落ち着きますか?」

 「洗濯は夜しますか?どこに干しますか?」

 など、生活の様子を聞きながら案を練っていく業者は、候補に残す価値があります。

 見積もりの金額は、材料のレベル次第でいくらでも安くできます。

それより、『その見積書を作成するにあたってあなたにどんな質問をしたか』ということを重視してください。

その業者が、建物というハコをつくりたいのか、

それとも、家族がより幸せに暮らせる場所をつくりたいのか。

それは会話の中で感じることができます。

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

【 「何でも屋さん」と「専門店」。あなたの好みは? 】

2017/05/16

みなさんは、工務店によって重視するポイントが違うことをご存知ですか?

例えば、

・性能(構造・断熱)

・デザイン

・コスト

・使用材料

・技術力

・アフターフォロー

など。

重視するポイントが複数になると、その工務店の特色が無くなってしまいます。

そうなると、その工務店はお客さんにとって魅力的な存在ではなくなります。

料理に置き換えると分かりやすいでしょう。

日本料理が好きな人、中華料理が好きな人、フランス料理が好きな人・・・。

人にはそれぞれ好みがあります。

たまに別の料理を味わうのはそれなりに楽しいのですが、やはり心とお腹を満足させるには、自分が大好きな分野の料理を堪能するのが一番です。

ところでみなさんが家づくりにおいて重視するポイントは何ですか?

それがはっきりしたら、同じ思いを抱く工務店を探してみましょう。

見つけるまで、複数の業者を訪ねることになるかもしれません。

しかし、その労力はきっとあなたの家づくりに役立つことでしょう。

また、工務店を見分けるには、こだわりのポイントを追求するだけではいけません。

なぜなら、自社で施工までするところもあれば、ハウスメーカーの下請けを専門とする工務店もあるからです。

そのほか、分譲住宅専門の工務店もあります。

最後になりましたが、業者選びをするとき、常に意識しておいてほしいことがあります。

それは、『建物を重視するのではなく、住まい方を重視する』業者を探すことです。

より快適に、より幸せに暮らすための家づくりをするのですから、暮らしに合わせた家を建てたいと思う業者の方がいいと思いませんか?


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , ,

【 室内の空気の質にこだわりはありますか? 】

2017/05/09

早朝に神社を散策すると、清浄でひんやりした空気に癒されます。

何をするわけでもなく、ただその空間に立っているだけでリフレッシュできます。

先日、車で早朝の神社に訪れた時、

到着して車から降りた途端、空気の違いに驚きました。

そういえば、ムク材などの自然素材でつくられた家は、とても心地良いですよね。

空気中の有害物質を吸収することで室内の空気を浄化し、室温や湿度を緩やかに調整してくれるので、まるで森林浴をしているような満足感を味わえます。

この価値を金額で表すのは難しいことでしょう。

残念ながら、工業製品を組み合わせてつくられた家には、こんなパワーはありません。

ただ、自然素材のように生きていないので、季節の変化による床材の反りなどに付き合う必要はありません。

お手入れもラクで、自然素材の家より安価です。

家づくりをするときは、誰だって健康で快適に過ごせる家を目指したいと思うものです。

なのに、広さを優先するために材料のレベルを落としたり、何かしらの妥協を繰り返してしまうことがあります。

そんな妥協の積み重ねで、当初のイメージとは違う家づくりになることも少なくはありません。

そういえば、以前

「自然素材の家で暮らしたい。

 でも予算が少ない。

 それなら、一部屋だけ自然素材にしよう」

と実行した人がいました。

その結果、自然素材の部屋があまりに快適で、他の部屋で過ごすことが苦痛になりました。

家族から、

「こんなに違いがあるなら、狭くてもいいから全体を自然素材にすればよかったのに」

と責められてしまったとか。

みなさんには、室内の空気に対するこだわりはありますか?

そんなこだわりが少しでもあるのなら、自然素材の家と工業製品の家の空気を比べてみるといいですよ。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , , ,

【 家のお医者さん 】

2017/05/02

現在、住まいづくりに関する情報は世の中に溢れています。

書店に行かなくてもネット上で情報を得ることができます。

といっても、インターネットで得られる情報は役立つものばかりではありません。

古い情報や誤った情報もあります。

組み合わせによっては相性が悪くなるような情報もあります。

ところであなたには、お気に入りのお医者さんはいますか?

お医者さんと話していただけなのに、その安心感が痛みを和らげてくれた・・・。

そんな体験をしたことがある人は少なくはないでしょう。

巷には沢山の病院がありますが、信頼できるお医者さんを見つけるのは難しいものです。

それよりさらに難しいのが、『家のお医者さん』としての意識が高い業者を探すことです。

住み始めてから数年経つと、あちこちの劣化が気になります。

台風や猛暑が続くと、外壁や屋根は無事だろうかと気になります。

そんな時、『家のお医者さん』として、あなたの家を気にかけてくれる業者がいると心強いことでしょう。

もしあなたが施工業者のアフターフォローに不安を感じ、新たに『家のお医者さん』を探す人がいます。

きっと、不信感を解消できなくなるほどの体験をしたのでしょうね。

私は、あなたにそんな思いをさせたくありません。

安さをウリにしている業者は、はたして数十年後もあなたの家を大切にしてくれるでしょうか。

家づくりに対する業者の気持ちは、温度差が大きいものです。

ですから、完成までのことだけに目を向けず、先々のことも考えて業者選びをしてください。

顧客を守るために商圏を限定し、まるで業者自身のための家をつくるかのように丁寧な家づくりと家守りをする業者。

そんな業者なら、頼りになるお医者さんとして付き合えそうですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , ,

【 ブランドイメージは質の高さと比例しません。 】

2017/04/25

最近は、簡易的な柵などで、敷地をぐるりと囲っている建築現場をよく見かけます。

この囲いの部分に「○○ハウス」と社名やロゴを大きく記し、道行く人へアピールしている現場も多いものです。

どの会社の施工現場なのか一目で分かるので、私のように社名を知りたい人は重宝していることでしょう。(笑)

ところで、そんな社名やロゴを見た時、あなたは

「あの会社が建てているのかー」

と羨ましくなったり、ワクワクしたことがありますか?

おそらくそれは、その業者に対してあなたが感じているブランドイメージが良かったからでしょう。

人は、知名度が高くてある程度のブランドイメージが確立されている業者には、妙に安心感や憧れを感じてしまうものです。

そんな好印象を与えるために、住宅会社は広告宣伝費を使って露出度を増やし、知名度を上げています。

例えば、ここに全く同じ技術力を持つ住宅業者が2社あるとします。

A社は知名度が高く、ブランドイメージが良い業者です。

B社は紹介で成り立っているので、広告宣伝する必要がありません。

経営は安定しています。

ただ知名度が低いだけです。

ブランドイメージを重視する人なら、A社を選ぶでしょう。

広告宣伝費の分だけ費用負担は増えますが、A社で新築したという満足感が自分の幸福につながっているので、高くても納得できるのです。

もし、ブランドイメージにこだわらない人だったら?

自分の家づくりに共感し、よりよい家づくりを提案してくれる業者を見極めることでしょう。

もし価格を最優先するなら、お得なB社に即決するかもしれませんね。

ブランドイメージにこだわる人は、そのブランドによって、自分に対する評価が高まると考えています。

その場合、名もない地元の安定企業に新築を依頼することは、逆にストレスの原因になるかもしれません。

どちらが間違っているというわけではありません。

全ては、お施主様の優先順位次第です。

ただ、技術力や人間力などの見極めが足りないまま、ブランドイメージに左右されると家づくりは失敗します。

ブランドイメージが良くても、そこで新築した人から不満の声が挙がる業者は少なからずあります。

知名度に左右されることなく、下調べは念入りに行いましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , ,

【 じつは、相手に見抜かれている? 】

2017/04/18

前回、「住宅展示場に行きたいけれど売り込まれるのはイヤ」

という場合の防衛策を紹介しました。

それは、アンケート用紙に『新築予定は5年以上先』と書くことでしたね。

じつは、それを見た瞬間、賢い営業マンは

「このお客さんは、まだ迷っているんだな」

とピンと来ます。

「条件さえ整えばすぐにでも新築したいはず。しかし、まだ決断できる段階までは達していないのだろう」

というふうに察するんです。

そのように察することができる営業マンは、売り込んでほしくないと思っているあなたに営業をしません。

そんなことをすると、信頼を得られないとわかっているからです。

もしあなたに連絡をするとしても、

「プロの知識や経験が必要になりましたら、アドバイザーとしてお役に立てるのでご連絡ください」

という程度に抑えます。

一方、あなたの気持を察することができない営業マンは、自分の事情を優先してあなたにアプローチしようとします。

しかし、あなたはすでに、

「売り込んでほしくない」

と、相手に意思表示をしていますよね。

住宅展示場は見たものの、その業者を信頼したわけでもなく、まだ、その家づくりに共感したわけでもありません。

そんな段階のあなたに売り込むことは、展示場でほのかに芽生えたかもしれない信頼感すら摘み取ってしまうことになります。

相手の気持ちや状況を察し、相手が望む行動をとることは、営業マンにとって大切な能力です。

あなたが住宅展示場に来た本当の理由は何なのか、どんなことに不安を感じているのか、新築予定はまだ先だとする理由は何なのか、業者はきっと知りたがっています。

売り込まれることをやみくもに怖がるのではなく、そこで会話を重ねながら相手を見極めてみてください。

それもまた、業者選びに役立つ作業ですから。

口下手とか知識が少ないとか、そんなことを気にする必要はありません。

もう一度会う価値がある業者かどうか、あなたに対する言動を、じっくり観察してみましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , ,

【 「5年以上先です」 】

2017/04/11

 

「家づくりについての考えがまとまらない間は住宅展示場に行かない方が良い」

私は、常々そうお話ししています。

とはいえ、住宅展示場は

・廊下の幅

・天井の高さ

・ドアや開き戸を開閉する勝手

・キッチンの作業台や上棚の高さや使い勝手

・洗面台の高さや使い勝手

・具体的なリビングや居室の広さ

など、実物をチェックすることができるというメリットがあります。

ただ、住宅展示場に行くと、アンケート用紙に記入しなければいけません。

最低でも、名前と住所と電話番号は書かされます。

そのデータをもとに、数日後には営業マンの売り込みが始まります。

それは困りますよね。

それを防ぎたいなら、アンケート用紙を手渡されたとき

「名前や連絡先を書きたくありません」

とはっきり伝えましょう。

といっても、それを言うのは結構な勇気が必要ですよね。

でも大丈夫。

そんな時の対処法があります。

それは、新築予定時期を『5年以上先』と書くことです。

営業マンは、見込み客に優先順位をつけます。

建設予定時期の早い人は、もちろん最優先。

5年以上先の人は、当然ながら後回しになります。

仮に、早い段階であなたにアプローチしてきたとしても

「アンケート用紙に書いたように、建設予定はまだまだ先ですから・・・」

と、堂々と断ることができます。

とても簡単で便利な防衛策です。

だからといって、住宅展示場を数多く訪問することはやめてください。

なぜなら、あまりにたくさんの展示場を見てしまうと、家づくりに対する軸がぶれてしまうからです。

そうなっては元も子もありませんから。

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , ,

【 工務店選びはダイエット商品選びと似ている? 】

2017/04/04

家づくりのことを誰かに相談したいとき、親兄弟、友人、知人など、身近な人に相談したり、

インターネットを通じて不特定多数の人にアドバイスを求めることができます。

便利な時代ですね。

ただ、これらの方法には、ある落とし穴があります。

それは、相手がほとんど素人だということです。

彼らは、自分の経験を通してある程度の専門知識を身につけているかもしれません。

しかし、その知識は最新の正しい情報といえるでしょうか。

それは難しいですよね。

皆、あなたが暮らしたい土地の気候や地質、あなたが望む暮らし方、あなたの価値観などに合わせてアドバイスしてくれるわけではありません。

ところでダイエット商品や化粧品、育毛剤など、悩み解消グッズを探す時、

『良く売れている』=『効果が高い』

『社名も商品名も知名度が低い』=『効果が低い』

と考えたことはありませんか?

しかし、使う人の生活習慣、食習慣、運動習慣などによって、その効果は大きく異なるものです。

・自分に合うものは自分にしか見つけられない

・そのためには自分のことを良く知らなければならない

という点は、業者選びと似ていますね。

そういえば学生だった頃、喘息に悩む友人が

「大人になっても絶対に家を建てない。新建材の家は呼吸が苦しくなってつらいから」

と、常々話していたことを思い出しました。

その頃は、

「新建材なら安くて広い家ができるだろうに」

と、友人の考えを理解できませんでした。

それは、シックハウスについての知識がゼロだったから。

新建材のリスクを、何一つ知らなかったからです。

今、もし友人に同じことを言われたら、誰よりも激しく共感することでしょう。

ただし、熱く語り続けて少々ウンザリされるかもしれませんが…。^^;

そういえば、友人は家を建てたのかな?

連絡してみよう・・・


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , , ,

【 この先、数十年付き合う工務店だからこそ 】

2017/03/28

家づくりをする業者の規模は、大小さまざまです。

家族で経営している業者もいれば、全国に支店を持つ業者もいます。

一人ですべての業務をこなす人もいれば、専門部署の仕事だけに黙々と取り組む人もいます。

みなさんはどちらのタイプを選びますか?

一人で何でもこなす人なら、その人に全部任せればいいので安心です。

一方、専門部署で働く人は、それだけ広くて深い専門知識を持っていることでしょう。

家づくりに関わる人が増えると、信頼関係を築くのも、お互いの意思を疎通させるのも大変になります。

また、責任の所在もあいまいになります。

「業者の規模が大きいから安心」

と感じる人もいますが、大きいからこそわかりにくくなることも多く、不安が増すこともあるものです。

 

お引き渡し後も、施工業者とは数十年の付き合いが続きます。

だからこそ、信頼関係は大切です。

ご近所さんや同僚など、普段の何気ない付き合いの中でも信頼関係は大切ですよね。

相手を尊重する気持ちが無い、上辺だけの付き合いだと信頼関係を維持することはできません。

ましてや、業者には数千万円もの大金を支払って家づくりを任せるわけです。

普段以上に信頼関係を重視したくなるのは当然ですよね。

当たり前すぎて忘れがちな『信頼関係』。

大切にしましょう。
 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , ,

【 工務店選びは「恋愛」より「お見合い」で 】

2017/03/21

 
『お見合い結婚は、恋愛結婚より離婚率が低い(=満足度が高い)』

ということを、ご存知ですか?

お見合い結婚の場合、会う前にいくつかの条件を出します。

その条件をクリアした人とだけお見合いをします。

結婚前にお互いの価値観を確かめ、納得してから結婚します。

一方、恋愛結婚の場合、お見合いのように冷静に相手をチェックすることができません。

それに加え、恋愛感情が相手の短所を長所に自動変換することもあるので厄介です。

時が経ち、その変換機能が失われた時、

「この人は、そもそも結婚相手の対象にすべき人ではなかった」

と気付きます。

工務店選びにも同じことが言えます。

何気なく訪れた展示場に一目ぼれし、親切な営業マンの説明に胸を躍らせ、多少の予算オーバーも何とかなるさと考え・・・。

それは、まさに恋愛と同じ状態です。

もしあなたが業者選びで失敗したくないなら、お見合いのように、まずは家づくりに求める条件を書き出してみましょう。

技術力、コミュニケーション力、信頼性、アフターサービスのこと・・・。

次に、自分が家に望むことも書き出してください。

暮らし方、デザイン、使い勝手、こだわり・・・。

それらを理解し、共感してくれる業者を冷静に探さなくてはなりません。

工務店は、家を守り続けるための大切なパートナー。

一時期のフィーリングで選ぶのだけは避けたいですね。

因みにお見合いの仕方も他人からセッティングされた業者と一日に何社も会うような

事はせず、直接自分の気になる工務店に連絡をしてみてはいかがでしょうか?

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

【 今は、まだ関係ない話かもしれませんが 】

2017/03/14

結婚後、賃貸住宅で暮らすか一戸建てを建てるべきか…。

そんな悩みを抱える人がいます。

皆さんはどうでしたか?

賃貸住宅の長所は、家族の成長に合わせて住み替えができることです。

子どもが増えたら広い所に住み替えればいい。

転職して収入が減ったら、その収入に合う物件を探せばいい。

そう考えるとラクですね。

さらに、将来新築するとき、賃貸住宅での暮らしにくさを参考にすることができます。

ただ、賃貸住宅には短所もあります。

家賃を支払っている分、新築に向けての資金作りに時間がかかることです。

また、その賃料を資産形成に役立たない『捨て銭』と捉えると、ストレスになることがあります。

一方、最初から持ち家で暮らすことの一番の長所は、余計な出費を減らせることです。

それは、家賃のことだけではありません。

家に合わせて購入する家具や家電もそうです。

賃貸より持ち家の方が、精神面で豊かだと感じる場合が多いというデータもあります。

安定した居場所があることで安心感を得られるからです。

次に短所ですが、家族が増えて生活スタイルが変わったり、転職して収入が減った時に対応できない場合があることです。

そのリスクを減らすためには、家族の変化に対応できる間取りにしたり、収入がある程度減っても対応できるような、無理のない住宅ローンを組んでおかなければなりません。

賃貸か一戸建てか。

この問いに対する正解は人それぞれです。

それぞれの長所と短所を見て、最も良いと思われる方法を選びたいものですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

【 一人の時間が欲しくなることはありませんか? 】

2017/03/07

前回、間取り次第で家族のコミュニケーションは変わるという話をしました。

あのブログを読みながら、こう思いませんでしたか?

「でも、一人になれる空間も欲しい・・・」

と。

じつは、一人になれる時間というのは、精神衛生上とても大切なものです。

パート主婦や専業主婦の場合、拘束時間が長い夫と比べると、すき間時間を利用して一人の時間を楽しむことができます。

しかし、早朝に出勤して深夜に帰宅する夫の場合、自宅の中で一人になれる時間を確保するのは難しいものです。

自室が無い場合、一人になれる空間は、お風呂かトイレといったところでしょうか。

そのため、新居に書斎スペースや自室が欲しいと願う男性は少なくないとか。

ただ、子供部屋や夫婦の寝室などを優先させる家づくりの場合、書斎を確保するのはなかなか難しいのが実情でしょう。

しかし個室にこだわる必要はありません。

寝室やリビングを壁でゆるく仕切って、大きめで座り心地の良いイスを置くなどの方法もあります。

あなたの家族ならではの『お一人様空間』を、ぜひ考えてみてください。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , ,

 【 『衣』『食』より後回しな『住』 】

2017/02/21

 
今日は『衣』『食』『住』に対する行動についてです。

「危険なのは充分わかっているけど可愛い服だから」

という理由で、子どもにフードやヒモ付きの衣類を着せますか?

公園で遊ばせる時などは危険性が高まりますから、わが子が大切であればあるほど着せたくないですよね。

食品を買う時、食品添加物や生産地、消費期限や使用農薬の有無について、全く気にならないという人は、まずいないでしょう。

異物混入に関する報道や反応を見ると、食の安全性を重視する人が多いことがよくわかります。

最近はPLUコードなどで確認もできるようですね。

ところで安全性の高い住まいというと、どんなことを思いつきますか?

地震に強く、断熱性に優れ、防犯対策もバッチリ・・・。

そんな住まいだと、確かに安全ですね。

しかし、健康で安全な暮らしに欠かせないものがまだあります。

それは『素材』です。

化学物質が含まれた材料で家づくりをするとシックハウスの原因になります。

アトピーやぜんそくなどを重症化させる場合もあります。

安全性を高めるには、まず室内の空気を汚染するような材料を使わないことを最優先とし、その素材と予算でどんな家を建てられるのか逆算する必要があります。

そうそう、健康に暮らせる新居づくりができたのに、買い足した家具やDIYの際に使った材料が原因で、シックハウスで悩む人がいるのをご存知ですか?

もしそれらをネット通販などで購入するのなら、安全性に問題がないかを、まず充分に調べてくださいね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?… 敷居]

2017/02/17

クリックすると新しいウィンドウで開きます

今日は敷居についてです。

敷居とは、襖や障子などの建具の開口部の下部に取り付ける、溝やレールがついた建材のことです。

比較的丈夫な木材が使われていますが、長く住み続けると、ささくれや滑りの悪さが気になることがあります。

ささくれの補修は、目の粗い紙やすりで削った後、目の細かい紙やすりで仕上げるとよいでしょう。

木工用ボンドを薄く塗って対応する人もいるようです。

滑りの悪さを解消する昔ながらの方法は、ロウを塗ることです。

最近は、シールテープや専用スプレーも充実しているので、好きな方法を選ぶとよいでしょう。

足腰が弱くなると

「段差でつまづきやすくなったから不安」

という場合があります。

気になることがあればご相談くださいね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

【 新築するのは不安ですか? 】

2017/02/14

 
不景気で家計が厳しいから、新築する決断ができない・・・。

そう思ったことはありませんか?

新築したら多額の住宅ローンを長期に渡って支払うのですから、その不安は当然です。

それに、賃貸住宅のように安易に転居することもできなくなります。

そんなことを考えると、むしろ何の不安も感じずに安易に決断できる方が不思議です。

では、新築を実行した方々は、なぜ決断できたのでしょう。

それは、新築することでしか得られないメリットを知っていたからです。

新築する一番のメリットは、家族の暮らし方に合った住まいで暮らせることです。

これは、賃貸住宅にはない圧倒的なメリットです。

新築した方の声を聞くと、

・好きなペットを好きな部屋で飼える

・防音室を用意したので、好きな時間にピアノなどを楽しめる

・わざわざ公園に行かなくても、庭で子供と楽しく遊べる

・広めに作ったキッチンで、休日はそば打ちしてリフレッシュ

など、暮らしに合わせた家でしか得られない楽しい生活を満喫している様子がうかがえます。

また、家族の成長とともにリフォームをして、より暮らしやすい状態にすることもできます。

必要に応じて、資産として売買や賃貸することもできます。

家賃と住宅ローンだけを比べて賃貸か持ち家かを選ぶ考え方もありますが、より安心で幸せに暮らせるという観点で選ぶと、持ち家はとても魅力的です。

今ならではの支援策としてすまい給付金や住宅ローン減税の拡充などがあります。

そのほか、政府が用意している補助金はいろいろあります。

それだけでなく、地方によっては人口の流出を防ぐため、独自の補助金を用意している自治体もあります。

何が不安なのかをはっきりさせると、その解決策を探せます。

解決策を探すには、専門知識を持った工務店に相談するのが一番です。

いつでもお気軽にご連絡ください。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , ,

[[ こんなときどうするの?…野地板 ]]

2017/02/10

IMGP5242

今日は野地板についてです。

野地板とは、屋根材(ストレートや瓦など)の下地材のことです。

耐用年数は20~30年程度だといわれています。

太陽光発電システムを後付けする場合、その厚さや劣化の状態によっては、野地板を張り替え補強しなければならないことがあります。

正確な調査と適切なケアを行わないまま設置すると、雨漏りなどの原因になります。

設置前には施工業者か専門業者に調査依頼してくださいね。


カテゴリー: ブログ, 未分類  タグ:, , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…パントリー]]

2017/02/03

_MG_4753

 

今日は、パントリーについてです。

パントリーとは、食器や食品を収納するスペースのことです。

デッドスペースになりがちな空間を活かし、キッチンをすっきりを片づけることができます。

食品を一か所に収納できるので、在庫管理が楽になります。

週末にまとめ買いするなど、食品のストックが多い家庭にピッタリですね。

 パントリー増設の際の失敗談として、

・固定式の棚なので置ける食品が限定された

・作業動線が悪く、使い勝手が悪い

・たくさん収納するために奥行を深くしたところ、使いにくくなってしまった

・西日が当たるので、食品を置けない

などの事例があります。

増設する前に、何をどこにどう置くか、しっかりイメージしたいですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , ,

【 建て時についての考えはどっち? 】

2017/01/24

 

「近い将来、消費税が引き上げられます」

「こんな低金利は、もう二度とないかもしれない」

「今ならキャンペーンで、こんな特典が!」

そんなフレーズを耳にすると、

「新築するなら今が一番いいのかも」

と、気が焦ってしまいますね。

数千万円の費用を掛けるのですから、少しでもお得な時期に建てたいと思うのは当然です。

しかし、逆の考え方もあります。

数千万円の費用を掛けるのですから、より良い家づくりをするための計画を充分に練って、準備が整うまで待つべき。

さて、みなさんの考えはどちらでしょうか。

家が完成するまでには、ライフサイクルを作成して安全な資金計画を考えたり、納得できる土地を探したり、信頼できる工務店を探したりと、時間を読めない作業が続きます。

打ち合わせや施工期間を含めると、数年がかりの計画になります。

もし、住宅を投資目的で買うのなら、低金利や増税前の時期は絶好のタイミングといえるのでしょう。

しかし、家族のための新居をつくる人にとってはどうでしょうか。

世間のタイミングに合わせるより、自分のタイミングに合わせることが大切だと私は考えます。

自分の建て時と他の人の建て時は違います。

後悔や妥協をしないためにも、

建て時をしっかり見極めたいものですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , ,

【 同居や近居を検討する時に・・・ 】

2017/01/17

「親と同居するのはイヤだけど、育児は手伝ってほしい」

と考える子育て世代は、意外と多いそうです。

そんな子育て世代が望むのが、親との『同居』や『近居』です。

内閣府が公表した『家族と地域における子育てに関する意識調査』によると、同居を希望する子世帯が20.6%なのに対し、近居を希望する子世帯は31.8%となっています。

今、仕事や塾の都合で家族全員が揃うのが難しくなり一家団欒の回数が減っている時代です。

「共働きのため、小学生の子どもに1人で留守番をさせたことがある」

と答えた働く女性は、7割以上にのぼります。

そんな女性の多くは、男性より沢山の家事を担当しています。

せっかく帰宅しても、すぐに家事に追われるため、子供に関わる時間が短いと嘆いています。

そんな核家族が密かに(?)期待しているのが、親世帯のサポートです。

近居の定義は人それぞれです

歩いて行き来できる距離だと考える人もいれば、車で1時間以内と考える人もいます。

将来的な介護なども視野に入れているのなら近い方が便利ですが、そればかりを優先して土地選びをすると、

満足感を得られない新居になるかもしれません。

付かず離れずの程よい距離で良好な人間関係を持続させるためにはどうすればいいのか。

折に触れて考えたいものですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

【 現場監督の重要性とは 】

2017/01/10

『現場監督』の仕事をご存知ですか?

彼らの仕事は、契約直後から始まります。

・施工計画書を作成

・必要な人材や資材の手配

・必要書類の作成や手続き

・現場の施工チェック

・現場の安全管理

・天候不良などによる作業内容変更への対応

・お施主様への報告や打ち合わせ

・近隣住民への挨拶や苦情対応

など、その仕事内容は多岐に渡ります。

場合によっては、さらに仕事が増える場合もあります。

とても大変な仕事ではありますが、お施主様と一緒に造り上げていく工程はとても充実していますね。

もしあなたの家を担当してもらうなら、

「できるだけ自分の家に関わってほしい・・・」

と思うかもしれません。

第三者機関に依頼し、定期的にチェックしてもらう方法もありますが、チェック回数が増えれば費用もかさみます。

現場監督の仕事は『段取り八分、仕事二分』。

現場では作業を見守る立場なので、人によっては

「現場監督はいらないから、その分人件費を削ってほしい」

と思うかも?

しかし、施工不良を防ぎ、スケジュール通りに完成させるためには欠かせない存在なのです。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , ,

こんなときどうするの?…濡れ縁

2017/01/06

imgp8644

今日は、濡れ縁についてです。

濡れ縁とは、室外にある雨ざらしの縁側のことです。

風雨や紫外線を防ぐものがないので、木材による濡れ縁は腐食しやすく、定期的に交換しなければなりません。

劣化させたくないなら、樹脂木製かアルミ製など、木材以外にするとよいでしょう。

ただし、どちらも気温に影響されやすいので、夏は熱く冬は冷たくなってしまいます。

設置場所や使用時間などを考慮し、暮らしに合った素材を選びたいですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

 【土地 契約後のトラブルを防ぐ方法 】

2016/12/27

不動産業者選びをしている時、

「こちらで契約するとしたら、契約前に契約書や重要事項説明書のコピーをいただけますか?」

と尋ねたことはありますか?

恐らく、不動産トラブルを経験した人や法律に詳しい人が身近にいない限り、そんな質問は思いつかないかもしれませんね。

業者と契約を交わす時、業者はまず『重要事項説明書』を読み上げます。

契約前に全てを読み上げるよう義務付けられている、とても重要な内容です。

業者が読み上げている間、あなたは手渡された重要事項説明書を見ながら、その内容が適正か判断します。

この時、あなたが質問をしない限り、相手はあなたが納得したものとして話を進めていきます。

業者が自発的に一つ一つ解説することはないと言っていいでしょう。

不動産業界では契約に関するトラブルが少なくありません。

その中には、契約の内容をきちんと理解しておけば防げるトラブルが多いといわれています。

しかし、そのためには、何度も読み返して、十分に理解するだけの時間が必要です。

場合によっては、第三者に内容の正当性を調べてもらう必要もあります。

そのためには、数日から1週間前には写しを受け取る必要があります。

ここまで読んで、契約前に契約書や重要事項説明書の写しを渡さない業者をどう思いますか?

もし少しでも不信感を抱いたなら、その業者を選ぶのはやめましょう。

残念ながら、契約前に自主的にこれらを渡してくれる業者は、まだ少数派だとか。

プランを煮詰めてから他の土地に変更するのは、かなりの決断力が必要です。

それに、直前で契約を断ったら、それまでに発生した費用を請求される場合もあります。

そんなトラブルを防ぐためにも不動産業者選びの段階で確認しておきたいものです。



カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…ひび割れ]]

2016/12/23

2016-01-26-13-51-42

 

今日は、クラックについてです。

クラックとは、建物の外壁や内壁、基礎などにできる亀裂やひび割れのことです。

水や砕石などを練り合わせ、乾燥させてつくるモルタルやコンクリートにできやすく、季節の変化によってできてしまうものもあります。

髪の毛ほどの幅のクラックは放置されがちです。

しかし、クラックの幅が0.3mm以上、深さが5mm以上の場合は要注意です。

それは構造クラックと呼ばれるもので、そこから侵入した雨水が内部を腐食させ、建物の安全性に影響を及ぼす危険性があります。

シーリング材で埋めても大丈夫ですが、内部の腐食が心配なら、専門業者に調べてもらいましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , , ,

【 活断層にご用心 】

2016/12/20

世界で発生する地震の約1割は、日本とその周辺で発生しています。

そのため、日本の住宅に用いられている耐震技術は、世界でもトップクラスです。

しかし、いくら耐震性の優れた住宅でも被害を免れるのが難しい土地があります。

それは、活断層とその周辺です。

現在、日本で発見されている活断層は2,000箇所以上。

そのほか、まだ発見されていない活断層は、1,000箇所を下らないといわれています。

そんな活断層による被害を避けるため、地域によってさまざまな取り組みをしています。

たとえば徳島県の場合、平成25年8月に、「南海トラフ巨大地震等に係る震災に強い社会づくり条例」第55条に基づく「特定活断層調査区域」を指定しました。

「特定活断層調査区域」内では、一定規模以上の学校、病院その他の多数の人が利用する建築物、及び、一定量以上の火薬類、石油類その他の危険物を貯蔵する施設を新築する場合、事業者の方が活断層の調査を行い、「直上」を避けて建築することが義務付けられています。

残念ながら個人の住宅は対象外ですが、近くにそれらの施設があるかどうかは、判断材料の1つとして役立ちそうですね。

インターネットで検索すると、建物を建てる地域の活断層の状況が一目でわかります。

活断層上に建てると地震の際のダメージは免れませんから、その土地を買うのは避けた方が賢明です。

また、活断層近くの河川や水田など、地盤が軟弱な土地は、堅固な地盤に比べて震度が大きくなるので要注意です。

どの土地に住むのか最終決断するのは自分自身です。

利便性と安全性のどちらを優先するかは、その人の置かれた状況によって異なるでしょう。

いずれにしても、後悔の無い選び方をしたいものです。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

【 造成地の注意点 】

2016/12/13

 
宅地の造成に「盛土(もりど)」や「切土(きりど)」といった方法があるのをご存知ですか?

盛土の場合、最も心配なのが地盤の弱さです。

転圧などの方法で強度を増す対策をしますが、土の状態をある程度安定させるには造成してから1年以上必要です。

また、もともとの地盤が弱かったり、田畑や湿地などを造成した場合、家を建てるための十分な強度を得られないことがあります。

その場合、地盤改良工事をしてから新築することになります。

一方、「切土」は、斜面の一部分を切り取り、平坦な土地をつくる方法です。

ですから、もともとの地盤は固く締まった状態です。

ただ、切土である程度平坦にした後、表面を平坦に整えるため、盛土をするとその分だけ地盤の強さが不安定になります。

といっても、切土の上に盛土をするならまだ安心。

最も心配なのは、切土と盛土が敷地を二分しているケースです。

宅地造成の際、造成前の現況測量図をもとに、造成計画図がつくられます。

そこに記載されている造成前後の地盤の高さを比較すると、造成方法が切土か盛土かわかります。

まあ、そこまで調べなくても、普通なら、土地の販売業者に聞けば造成方法について教えてくれるとは思いますが。

地盤改良の費用が大きいほど、家本体に使える予算が減ってしまいます。

それを避けるためにも、土地選びの際は地盤の強度も意識したいものです。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , ,

こんなときどうするの?…断熱材

2016/12/09

imgp5628

今日は、壁内結露についてです。

寒くなると、結露対策が大変ですね。

結露といえば窓周辺というイメージですが、壁の中でも結露が発生することがあります。

それが壁内結露です。

原因は、壁の中の断熱材です。

断熱材が結露に濡れ、それが断熱材が木材に触れることにより、その木材が腐食してしまうんです。

グラスウールやロックウールなどの断熱材は、水を吸うと縮んでしまいます。

そうなると、もう元には戻りません。

そのため、断熱性も低くなってしまいます。

「以前より冷暖房の効きが悪くなった」

「なんだかかび臭い」

といった不安があるなら、壁内を調べてもらいましょう。

放置すると、カビが床下まで広がることがあります。

早めのチェックが大切です。

今は断熱リフォームなど補助金もありますので上手に活用したいですね。

断熱材もさまざまですのでお気軽にお問あわせください。

img_7370

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 家づくりのあれこれ  タグ:, , , , , , , , , , ,

こんなときどうするの?…床束・束石

2016/12/02

2015-11-07-08-07-59

今日は、床束(ゆかづか)と束石(つかいし)についてです。

前回、根太(ねだ)・大引きについてお話ししました。

それらを支えるのが床束です。

劣化した時、鋼製束や樹脂製束に交換しておけば、湿気による腐食やシロアリ被害を避けることができます。

床束の下にあり、建物全体を支えるのが束石です。

以前は石やコンクリートなどの土台が主流でしたが、今はベタ基礎が一般的です。

土壌が強い酸性の場合、コンクリートが劣化することがあります。

地盤が弱いと、束石が沈んで沈下が起こることがありますので注意が必要です。

発見が難しいトラブルですが、歩いた時に足元の感覚がいつもと違うようなら、早めに相談しましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , ,

『坪単価』の違い

2016/11/22

以前にも坪単価のことについて書いているかもしれませんが

家づくりを検討し始めたばかりの人の中には、今も『坪単価』を会社選びの参考にしている人がいるからです。

数字を比べればいいだけなので、判断基準としてわかりやすいと思いがちです。

しかし、そこには大きな落とし穴があります。

坪単価とは、『建物の本体価格』を『床面積』で割った金額のことです。

ところで、『建物本体価格』とは何を指し、『床面積』とは何を指すのでしょう?

実はこれ、会社によって解釈が異なります。

まず『建物の本体価格』について。

これを、建物そのものだけの価格だと捉えるところもあれば、照明器具やエアコン、カーテンなど、住むために必要な設備を含めた価格だと捉えるところもあります。

どの設備までを含めるか、これもまた会社によって解釈が異なります。

ということは、この時点で、すでに価格の違いが発生しています。

次に『床面積』ですが、『延べ床面積』か『施工床面積』があり

『述べ床面積』には、玄関ポーチ、ベランダ、小屋裏収納などは含まれません。

それらを全部含むのは『施工床面積』の方です。

坪単価の安さをアピールしたい業者は、単価が安くなる方法で計算します。

本当に必要な金額から単価を割り出したい会社とは、計算に使う数字が異なります。

そして、そういった情報は、お客さんが尋ねない限り、積極的に伝えません。

『建物本体価格』も『床面積』も、会社によって捉え方が違うことがわかった今、坪単価の曖昧さがよくわかったことと思います。

結局、坪単価は、おおよその目安にしかなりません。そんな落とし穴だらけの坪単価を会社選びに利用するのは避けたいものです。

ところで、実際に暮らせるようにするには、建物本体費用のほかに、地盤改良、屋外給排水、外構などの工事に関わる費用や、許可申請費や税金など、多くの費用が必要です。

どんなに比較をしたくても、全く同じ材料で、全く同じ家づくりをしない限り、それは無理なことです。

しかしそんな比較法では、それぞれの個性は活かされません。

もし比べるのなら、

『あなたの考えに共感した人が、よりよい家づくりをするためにどんなアイデアを出してくれるのか』

といった点を重視したいものですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , ,

部屋の用途を制限すると?

2016/11/15

家族で狭いアパートに住んでいると、

・寝る時は、コタツを隅に寄せて布団を敷きつめる

・収納スペースが少ないので、余計なものは買わない

といった工夫をして、限られた空間を上手に使うものです。

ところが、新居の間取りを考えるときは、

「リビング、書斎、子供部屋、家事室、それから・・・」

と、次々に欲しい空間が浮かび、それを叶えようとします。

限られた空間を広く使う生活にストレスを感じている人なら、特にそう思うかもしれませんね。

ところが、用途が決まった小さな空間を沢山設けると、狭くて使い勝手が悪い家になってしまいます。

今の住まいの狭さに問題があり、広い空間を楽しみたいと思っているのなら、部屋数を最小限にして、それぞれの部屋を広くすることをお勧めします。

すると、より解放感を得られるので満足度が高くなります。

ただ、そうすることで、子どもがそれぞれの個室を持てなくなるかもしれません。

兄弟で子供部屋を共有すると、ケンカになることも多いでしょう。

しかし、多少の不便さは

「早く独り立ちして、自分だけの空間で気兼ねなく暮らしたい」

と、子どもの自立心を育てるのに役立ちます。

また、子どもが巣立った後、その空間を次の用途のために活用しやすくなります。

子どもの数だけ用意された狭い部屋だと、用途は限られてきますからね。

間取りを考える時は、どうやったらそれぞれの部屋を多目的に使えるか、考えてみましょう。

今は、可動式の家具で一時的に間仕切りをするなど、空間を使いこなすアイデアがあちこちで紹介されています。

家族にピッタリのアイデアを取り入れながら、それぞれの空間を上手に使いこなしたいものですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , ,

こんなときどうするの?…筋交

2016/11/11

img_7244

今日は、筋交いについてです。

筋交いとは、柱と柱の間に斜めに入れて建築物や足場の構造を補強する部材のことです。

間仕切りを撤去して部屋を広く活用するリフォームを行う際、筋交いが現れて戸惑う人がいます。

筋交いは、耐震性や耐久性を維持する役割があります。

筋交いを撤去する場合、それに代わる方法で性能を維持しておきたいものです。

柱や筋交いを撤去するリフォームで耐震性が弱まった事例は少なくありません。

リフォームの際には、図面や現地調査を基に十分な打ち合わせをしましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , ,

 エコと健康に役立つ自然素材の塗り壁

2016/11/08

みなさんこんにちは。
 2-9

『調湿性、蓄熱性、遮音性、防火性に優れた壁』って何だと思いますか?

答えは、『自然素材の塗り壁』です。

健康的でエコな家が求められている今、塗り壁の良さが見直されています。

塗り壁は、夏の暑さを壁に取り込むことで室温を下げます。

吸湿性があるので、蒸し暑い夏でも木陰で涼むような感覚を味わうことができます。

やがて冬になると、暖かな日差しを蓄え、夜に室温が下がれば緩やかに熱を放出してくれます。

塗り壁が持つ癒しの効果や、シックハウス知らずの安全性は、工業製品にはマネができません。

室内に漂う有害物質を吸着するので、健康にも貢献します。

また、直線的な壁ではなく、あえて曲線的な壁にし、独創的な空間を楽しむ人もいるそうです。

ところで、早く新居に住みたい人や、ギリギリまで出費を抑えたい人は工期を短くし、人件費を抑えることを望みます。

しかし、塗り壁は技術力のある職人でないとできません。

それに、乾燥などの工程が入るので、十分な工期が必要です。

ですから、工業製品での家づくりと比べると、どうしても費用がかさんでしまいます。

そんなデメリットがあるにも関わらず、こだわりを持つ施主に選ばれている自然素材の塗り壁。

といっても、体感しなければその良さはなかなかわからないものです。

12日 土曜日からの完成見学会で是非、ご体感ください。

見学会の詳細はコチラ⇒ http://www.technical-home.co.jp/blogs/event/event/774.html

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , ,

健康に長生きできる住まいとは 

2016/11/01

imgp5496
『体をよく動かす人ほど長く生きる傾向がある』

ということをご存知ですか?

厚生労働省の「健康づくりのための身体活動基準2013」では、65歳以上の高齢者に対して、生活の中で毎日40分は体を動かすことを勧めています。

といっても、特別な運動をする必要はありません。

家事の合間にストレッチをするなど、意識して体を動かすことを習慣づければいいだけなんです。

ただそれだけのことで、認知症の発症を遅らせることができるというメリットもあるそうです。

しかし、室内が寒いと体を動かすのが億劫になります。

他の部屋が寒いと、暖房が効いた部屋だけで過ごしがちになります。

そうなると、体を動かす機会が減るので健康に良くありません。

ある調査によると、室内での活動量と住宅の室温は関係していることがわかりました。

人の活動量を減らす原因は、暑さより寒さです。

ですから、健康に暮らすためには住宅の断熱性を高める必要があります。

冬でも暖かく、部屋毎の温度差が少ない家が理想的です。

そんな住宅で暮らすと、血圧の急激な変化を防ぐこともできます。

ご存知の通り、冬のトイレや浴室で、温度差によるヒートショックを起こす事例は毎年発生していますからね。

また、断熱性が低い住宅は、結露が発生しやすいので劣化しやすく、メンテナンス費用がかさむ傾向があります。

体と住宅の健康を保つために、断熱性の追求は大切です。

といっても、その地域の気候によって、必要な断熱性は異なります。

やみくもに高断熱を追求するのではなく、その地域に適した性能でいいと思います。

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , ,

こんなときどうするの?…片流れ屋根

2016/10/28

_mg_4031

 

今日は、片流れ屋根についてです。

最も構造がシンプルな片流れ屋根は、屋根からの雨水侵入のリスクが低く、費用面でもお得です。

しかし、軒裏の換気口や外壁からの雨水侵入の可能性が高いので注意が必要です。

また、屋根から流れ落ちた雨水が一方向に落ちるので、雨どい劣化による被害は大きくなりがちです。

定期的にメンテナンスし、劣化や詰まりを見つけたら、すぐに対応しましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , ,

家づくりの前に考えておきたいこと。

2016/10/25

家づくりを始めると、性能、外観、設備など、『モノ』に目が向きがちです。

しかし、よくよく考えてみると、家をつくろうと決めたきっかけは、『家族が、より幸せに暮らせるように』だったはず。

だから、失敗しない家づくりをするためには、『モノ』ではなく『コト』に目を向けた方がいいんです。

『モノ』を中心に考えた家づくりをしていると、

・家族の会話が減った

・家事の負担が増えた

・ものが散らかりやすくなった

・眠れない

という、新築ならではの悩みを抱えることがあります。

一方、『コト』を中心に考えると、

・今までより家族と過ごす時間が増えた

・効率よく家事をこなせるようになった

・必要な場所に収納スペースがあるので、いつも片付いている

・よく眠れるようになった

など、以前より快適に過ごせるようになります。

そうすると、暮らしをより楽しめるようになっていきます。

ただ、それを伝えるためには、家族の夢や現状に対しての不満点などを知っておく必要があります。

それを知るために、一番手っ取り早いのは書き出すことです。

真白な紙に、それぞれが書いていくのも良し、

間取りをざっくりと描いて

それぞれの部屋に対しての不満や夢を書いても良し。

直接書き切れない場合は、付箋に書いてペタペタ貼っていくのもいいですよね。

この作業をすると、新居でどんな暮らし方をしたいのかが見えてきます。

そこに私たちならではの視点を加えると、より良い家ができます。

しかし、『モノ』を重視して溢れる情報に振り回されていると、結局は万人向けの家しかできません。

そうなると、借家や建売住宅と同じ状態になり、暮らしを楽しむための追求が不完全なままで終わってしまいます。

まずは今の自分を観察してみましょう。

暮らしを存分に楽しめていますか?

「ここがこうだったらいいのに・・・」

といった点はありませんか?

仕事で疲れたお父さんが、

「静かな場所でゆっくりしたいなあー」

と、書斎代りにトイレや浴室にこもることはありませんか?

自分や家族のことを、しばらく観察してみるのもいいかもしれません。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , ,

残りわずかです。

2016/06/04

明日、6月5日 日曜日のプライベート完成見学会開催致します。

長期優良住宅で建て、国交省の補助金を取得する住宅です。

今回も完全予約制で私が一人で皆様をお待ちいたしますので

ゆっくりとつっこんだお話ができるハズ・・・と思っています。

今現在で既に午後の時間で僅かな空きしかありません・・・

ご予定の方はお早めにご予約をお願い致します。

詳細はコチラ⇒ http://www.technical-home.co.jp/blogs/event/event/696.html

ご連絡お待ち申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: 見学会  タグ:, , , , , , , , , , ,
2017年 11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム