[[こんなときどうするの?…訪問販売員が最初に話すべきこと]]

2018/08/31

今日は、『訪問販売員が最初に話すべきこと』についてです。

一戸建てで暮らしていると、屋根や外壁のリフォーム、シロアリ駆除や住宅ローンの借り換えなど、住宅に関連した訪問販売員の対応に苦労しますよね。

誠実な業者もいるのでしょうが、名も知らぬ業者だと少し不安になりますね。

訪問販売業者は、勧誘に先立って『事業者の名称や商品の種類、商品販売などの勧誘目的で来訪したこと』を明示しなければなりません。

そして、その場で契約を締結した際には、クーリング・オフについても説明しなければなりません。

また、消費者が断ったにも関わらず引き続き勧誘したり、再度訪問して勧誘してはなりません。

これらは、特定商取引法により義務付けられています。

悪徳業者と一度でも契約してしまうと、悪徳業者の仲間内で購入者名簿が出回るそうです

上記の手順を省く訪問販売業者には用心しましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , ,

【 自然の力で湿度を調整しましょう 】

2018/08/28

 

早速ですが、皆さんが今いる部屋の湿度はどれくらいですか?

人間が快適な湿度は40~60%だと言われています。

しかし、日本では夏は70%以上に、冬は20%以下になることがあります。

快適に過ごすには、湿度の調整が欠かせません。

昔の住宅は、ふんだんに使われた木材や、障子・ふすまに使用された紙などの自然素材が湿度を調整していました。

それに加えて、今より気密性が低く適度な空気の循環がありました。

それらの力が湿度の調整に役立っていたんです。

一方、昔と比べて気密性が高くなった最近の住宅は、冬でも湿度が70%を超えることがあります。

調湿機能のない工業製品で建てられた住宅の弱点です。

気温28度以上、湿度70%以上になると熱中症のリスクが高まります。

カビやダニが増えやすくなるので、ハウスダストによるアレルギーも心配です。

湿度50%以下になると、肌やのどが乾燥し、美容にも健康にも悪影響を与えます。

湿度40%未満になると、インフルエンザウィルスの生存率が高まります。

静電気も生じやすくなります。

湿度が変わるたびに除湿器や加湿器で調整するのは大変です。

それに、床下や押し入れなど、湿度調整が難しいところもあります。

そんな時、住宅そのものに湿度を調整する力があると助かりますよね。

炭や無垢材・珪藻土は、湿度を調整する自然素材として注目を集めています。

湿度は、人や住まいの健康に大きな影響を及ぼします。

自然素材を上手に取り入れて、健康を守りたいものですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…雨樋の落ち葉予防]

2018/08/24

今日は、「雨樋の落ち葉予防」についてです。

自宅の近所に落葉樹があると、雨樋に落ち葉が溜まりやすいですよね。

毎年のように業者に掃除を依頼し、費用を負担に感じている方もいるようです。

もしそんな悩みを抱えているのなら、次に業者を呼ぶ際に『落ち葉除けシート』や『落ち葉除けネット』の設置も依頼してみませんか?

それらは、ホームセンターやネット通販でも購入できます。

価格や耐久性だけでなく、網目の大きさなどもチェックしましょう。

なお、DIYでの設置もできますが、2階の雨樋は危険なので業者に任せてください。

1階の雨樋に設置する際も、梯子を使うので危険が伴います。

十分に気を付けてくださいね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , ,

【 信頼できる業者を見分ける方法(その2) 】

2018/08/21

 

前回、信頼できる業者を見分ける方法を2つ紹介しました。

・代表者と話してみる

・普段の現場を見せてもらう

でしたね。

今日は、残り3つの方法を紹介します。

●方法3:現場で働いている職人に聞いてみる

現場で働くのは、その業者が雇用する大工だけではありません。

作業の進行度合いに応じて、様々な職種の職人がやってきます。

彼らは、多くの施工業者の実態を知っています。

それを聞かないなんてもったいないですよね。

彼らと話せる機会があれば

「仕事抜きで自分の家づくりを依頼するとしたら、どの工務店に依頼しますか?」

と質問してください。

『仕事抜きで』というのがポイントです。

その際、選んだ理由も聞いてみましょう。

プロが信頼している業者はどんな業者なのかがわかります。

●方法4:設計事務所の代表者が自分の家をどこで建てているのか調べる

 設計事務所の代表者もプロです。

 そして、数多くの工務店の実力や評判を知っています。

 プロの目に叶う業者ですから、信頼度は高いと言えるでしょう。

●方法5:会社の実績を知る

まずは施工件数を調べましょう。

もし、施工件数が右肩上がりならば、社員数も右肩上がりになっているか調べましょう。

社員数に対して施工件数が多すぎるなら、下請け業者に丸投げしているか、工期を短くしている可能性があります。

そうなると、施工不良が気になります。

トラブルが起きた際の対応も気になりますよね。

あなたが選ぶ業者は、引き渡し後、数十年に渡って家を守っていくパートナーです。

しっかり見極めましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , ,

 [[こんなときどうするの?…洗濯機のニオイ]]

2018/08/17

今日は、「洗濯機のニオイ」についてです。

「洗浄力の強い洗剤と消臭効果がある柔軟剤を使っているのに、洗濯物のニオイが気になる…」

そんな悩みはありませんか?

その原因は、洗濯機の細菌やカビかもしれません。

洗濯機には、年間を通して程よい湿度と栄養があります。

しかも、この時期は室温が高い日が続きます。

カビや細菌にとって、これ以上無い快適な空間なんです。

まずは市販の洗濯機クリーナーで洗濯槽を洗浄しましょう。

また、洗剤や柔軟剤の使い過ぎに注意し、洗濯槽に付着したらこまめにふき取りましょう。

洗濯機のカビが付着した洗濯物を室内干ししたら、そこにもカビが増殖してしまいます。

洗濯機のニオイ対策は、人や建物の健康維持にも役立ちます。

今日の洗濯機のニオイはどうですか?^^


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , ,

【 信頼できる業者を見分ける方法(その1) 】

2018/08/14

 

担当者に好印象を抱き、

「この人は信頼できる人だから、この人が勤める工務店なら信頼しても大丈夫だろう」

と思う人は多いものです。

しかしその結果、信頼を裏切られて失望する人も驚くほど多いんです。

それは、様々な調査結果で明らかになっています。

では、どうすれば信頼できる業者を見分けられるのでしょうか。

私が皆さんに勧めたい方法は以下の通りです。

●方法1:代表者と話してみる

代表者と会って、話をじっくり聞いてくれるか確かめてみましょう。

じっくり聞いてくれる人が代表者なら、家づくりの良きパートナーになることでしょう。

逆に、会話の最中に違和感や不信感を抱く場面があるかもしれません。

そんな時は、たとえ営業マンに好印象を抱いていても別の業者を選んだ方が賢明です。

なぜなら、もし現場で問題が起きた時、最終判断を下すのは代表者だからです。

●方法2:普段の現場を見せてもらう

代表者に好印象を抱いたなら

「施工中の現場を見せていただけませんか?」

と言ってみましょう。

現場では

・材料が大切に扱われているか

・現場で働く職人さんの印象はどうか

・路上駐車をしていないか

・タバコの吸い殻やゴミが散らかっていないか

などを確認してください。

その理由は、その業者に依頼したら、その現場の様子が再現されるからです。

「職人さんに挨拶したけど無視された」

「柵など無かったけど、無人になった時の安全対策に問題は無いのかな」

など、現場でしか感じられないことを体感しましょう。

ここで気を付けたいのは、現場見学会や完成見学会など、見せることを目的とした場所に行くのではなく、普段の現場に行くことです。

平日に時間を作って見学するのは大変でしょうが、業者の真実の姿は普段の現場にあります。

それを見ないで業者を決定するのは不安です。

業者を見分ける方法はほかにもあります、続きは次回お話ししますね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , ,

[こんなときどうするの?…機能性のある内壁]

2018/08/10

今日は、「機能性のある内壁」についてです。

一般家庭で多く使われている内壁といえば、ビニールクロスなどの壁紙です。

寿命の目安は人それぞれですが、築後5年を過ぎると、日焼けや手垢、黄ばみなどの汚れが目立ってきます。

それにストレスを感じ、早めに張り替える方も少なくないんです。

もし張り替えるなら、機能性も向上させてみませんか?

調湿性のある素材なら、夏の湿気や冬の乾燥を穏やかに調整してくれます。

ニオイや有害物質を吸着する素材なら、空気の質を守ってくれます。

防汚機能のある素材なら、手垢や汚れなどによるストレスを減らせます。

みなさんは、どんな機能があればより快適に暮らせますか?

デザインだけでなく、機能にも注目して、より良いものを選んでくださいね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , ,

【 『幸せ保証』はありません 】

2018/08/07

 

地盤保証、耐震保証、住宅完成保証、住宅瑕疵担保保証…。

新築の際、新居や家電設備にはいくつもの保証がついています。

万が一の際、すぐに対応してもらえるので心強いですよね。

しかし、どの業者にも絶対につけられない保証があります。

それは『幸せ保証』です。

どんなに高性能でも、どんなに広くて豪華でも、その住まいはあなたの幸せを保証してくれません。

逆に、身の丈以上の住宅ローンを組む羽目になり、返済に苦しむだけの人生で終わるかもしれません。

幸せに暮らせる家をつくるには、家族の価値観に共感し、それを実現するために努力を惜しまない業者が必要です。

家族の価値観を知るには、家族とのコミュニケーションを充実させなければなりません。

独りよがりでは、より良い家づくりはできません。

保証が付かないからこそ、そんな努力を惜しまないようにしたいですね。

あ、そうそう。

余談ですが、しつこい営業マンを断りたい時は、

「あなたの会社と契約したら幸せになれますか?」

と尋ねてみるといいですよ。

それでも諦めない営業マンには、

「幸せ保証をつける覚悟はありますか?」

と尋ねてみましょう。

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…エアコンのニオイを消す方法]

2018/08/03

 

今日は、エアコンのニオイを消す方法についてです。

 

 

先日、エアコンのニオイを簡単に消す方法をネット上で検索したところ、「簡単なのに効果絶大」と、大変な反響がある投稿を見つけました。

 

その方法は、『部屋の窓を開けて16度で1時間運転する』というものです。

 

16度の設定ができないエアコンの場合、最低温度に設定します。

 

電気代が気になる方法ではありますが、専門業者にエアコンクリーニングを依頼するよりお手頃ですね。

 

今、ニオイが気になっているのなら、一度試してみませんか?^^

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , ,
2018年 8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム