後悔しない家づくりの秘訣元現場監督テクニカルホーム社長のブログ

【 光の色や強さは、心理状態に影響を与えます。 】

2019/11/26

【横浜市】の工務店 テクニカルホームの家づくりに役立つ情報  横浜で家を建てるならひのきの森®

【 光の色や強さは、心理状態に影響を与えます。 】

 

快適で質の良い睡眠を得るには、就寝前に

・ぬるめのお風呂でゆっくり体温を上げる

・照度を抑えた電球色の照明で過ごす

・スマホなどの画面を長時間見ない

などを習慣づけることが大切だとか。

そういえば、ストレスが溜まると、光が眩しく感じられることをご存知ですか?

ストレスが溜まると自律神経が乱れます。

自律神経が乱れると瞳孔が収縮しにくくなります。

そのため、光を眩しく感じるんです。

ストレスを溜めにくくするには、正しい食事や運動だけでなく、質の良い睡眠でしっかり休息することも欠かせません。

お互いに気を付けたいですね。^^;

ところで皆さんは子供部屋を設けますよね?

その部屋は、勉強にも睡眠にも用いる予定ですか?

前回お話ししたように、勉強に集中できるの照明は昼光色です。

しかし、昼光色は脳を活性化させるので就寝前には避けたい照明です。

必要な場所だけ明るくしたいなら、学習机にスタンド照明を置きましょう。

天井に設置した全体照明は、机の位置によって手元が暗くなります。

パソコンの画面に反射した光は、目に悪影響を与えます。

スタンド照明を併用すれば、その不具合を解消できます。

全体照明を電球色などの穏やかな照明にすれば、就寝前の時間をリラックスして過ごせます。

全体照明と部分照明を併用すれば、それぞれの短所を補えます。

子供が夕方まで外遊びするのが当たり前だった時代は、光の強さや色が変化する中で過ごしていました。

遊び疲れると寝つきも良くなり、体内リズムを整えるには最適の環境でした。

しかし、外遊びできる環境を失った子供は、光の変化を体感できる時間が減っています。

夜9時過ぎまで塾で過ごしている子供は、強くて明るすぎる光を浴び続けています。

そんな光の環境が、不登校や「うつ」の一因になっているという意見もあります。

寝る直前まで明るい場所で過ごすことが原因で

・ストレスに弱くなる

・疲労回復しにくい

など、心身に様々な悪影響が現れたら幸せな暮らしは望めません。

家族がより幸せに暮らすために建てる新居。

ならば、建物の性能や間取り、デザインなどの一般的なものだけでなく、明るさや光の色についても関心を持ち、家族に適した照明にこだわりたいですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , ,
アーカイブ
2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • 129プランの間取り集プレゼント
  • 家づくりのお役立ち情報 無料メール配信
  • Construction Area テクニカルホームの施工エリア 横浜市内および隣接エリアで太いひのきにつつまれた森林浴のできる家ならテクニカルホームにお任せ下さい!横浜市泉区、戸塚区、栄区、旭区
  • ホームページからの来店予約で家づくりに役立つ資料を無料プレゼント!!