【 上棟式 執り行いますか? 】

2019/03/12

 

「建前」とか「棟上げ」ともいわれる「上棟式」は、工事や建物の無事を祈願する神道の祭祀です。

もう一つの祭祀である地鎮祭では、神主がお祓いをするのが一般的です。

しかし上棟式の場合、神主に依頼せず、棟梁や現場責任者が取り仕切るのが最近の主流になっています。

その理由は、祈りの儀式という意味合いより、大工の労をねぎらう意味合いが強くなってきたからだとか。

そのため、上棟式の方法は地域や業者によって大きく異なります。

お施主様は、上棟式に必要な

・塩

・お神酒

・洗米

など用意のほか、

工事関係者への昼食用の弁当、持ち帰り用の折り詰め、ご祝儀や引き出物など、業者から事細かい指示を受けます。

初めて行うお施主様にとっては大変な作業ですね。

業者によっては、昼食の代わりに昼食代を要求したり、ご祝儀額のランク付けを指示する場合があります。

ご祝儀は、それぞれに渡す場合もあれば、棟梁や現場責任者にまとめて渡す場合もあります。

これらは、工事関係者にとっては仕事の流れの一環。

上棟式の度に行われる手順なので、

「細かく説明しなくてもわかるだろう」

と思う人がいても仕方がないことなのかもしれません。

しかし、施主にとっては初めてのことです。

知らなくて当然なんです。

上棟式は工事関係者と顔合わせができる貴重な日です。

なのに、お互いの言葉が足りなかったことがきっかけでトラブルになるのは悲しいですよね。

それを避けるため、事前に詳細な打ち合わせをしておきましょう。

なお、無理して執り行う必要はありませんので

お互いの考えをすり合わせることも忘れないでくださいね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , ,

【 地縄張りに立ち会ってみませんか? 】

2019/02/19

 

地縄張りを終えた土地を見ると、

「あそこにはどんな家が建つんだろう」

とワクワクしませんか?

地縄張りとは、縄やビニール紐などを土地に張り、建物の配置を目で確認できるようにする作業です。

施主のほか、営業マン、現場監督、などが立ち会います。

皆が集まる地鎮祭の日に合わせて行う場合もあれば、地鎮祭よりも前に行う場合もあります。

普段、地鎮祭前に地縄張りを終える業者でも、

「土地神への挨拶をする前の作業は避けたい」

という施主の意向があれば、希望に沿うよう対応してくれます。

ところで、業者によっては、施主に立ち合いを案内しないことがあります。

一見、忙しい施主に余計な手間を掛けさせない配慮とも受け取れます。

しかし、初めて家づくりをする施主は、手元の図面を見ても、自分の家と境界線との距離感がよくわかっていない状態です。

地縄を見て、初めて実感できます。

この時、施主によっては

「この位置だと隣家から丸見えになる」

「駐車はできるけど、狭くてドアの開閉が難しそう」

と慌てることがあります。

万が一の際、早めに対応するため、できるだけ立ち会うようにしましょう。

このとき、外構工事の変更だけで対応できれば良いのですが、建物の位置を変えるとなると大変です。

変更の手配や地盤調査のやり直しなどによる費用の増額や施工スケジュールの変更など、様々な影響が出ることがあります。

ところで更地に張り巡らされた地縄を見た時、

「我が家って、こんなに小さいの?」

と驚く人は多いんですよ。

不思議なことに、平面だと、どうしても小さく感じられます。

しかし、完成したら、平面で見るより随分大きくなります。

安心してくださいね。^^


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , ,

【 地鎮祭や挨拶時の服装は? 】

2017/07/25

 

 

 

地鎮祭は、笙(しょう)や竜笛(りゅうてき)など、日ごろ聞き慣れない楽器の音に包まれた中、厳かに行われます。

 

その音色を聞いて、近隣の方も自宅を新築した頃を思い出したり、

 

「これから数カ月は、この静かな環境が侵されるのか・・・」

 

と少しばかり気が滅入ったりと、様々な感情が湧きあがります。

 

 

そのタイミングで業者と挨拶に行くと、相手の不安感を最短で和らげることができます。

 

あなたにとっても、近隣の方の様子を早々にチェックできることは、何かと役立つことでしょう。

 

 

地鎮祭の時、どのような服装にすればいいか考えたことはありますか?

 

幸いなことに、特に決まりはないので、礼服でも平服でも構いません。

 

ただ、地鎮祭は風よけも雨よけもない場所で行われるのが一般的ですから、気温や天候に合わせた服装にする必要はあります。

 

そのほか、地鎮祭の後の挨拶のことまで考えるなら、近隣の人にどんな印象を与えたいか、ということも考慮したいものです。

 

 

 挨拶時の服装に決まりはありませんが、

 

・ラフすぎる格好は控える

 

・ニオイがキツイ化粧品・香水は避ける

 

・煙草のニオイをまとって行かない

 

など、好感度を下げないことは心がけましょう。

 

 

以前もお話ししましたが、人の第一印象に大きな影響を与えるのは『見た目』です。

 

挨拶に行くことによって相手の信頼感を得たいと思っていますので

 

「こんな人があの土地に住むなんてイヤだな」

 

と思われるより

 

「この人は礼儀正しい人だから、ひとまず安心だな」

 

と思われる方がいいですね。(誰だってそうです。^^

 

そのためには、まず相手に不快な印象を与えないことが大前提です。

 

 

また、『不快なニオイ』は相手に強い印象を残します。

 

最近はニオイに敏感な方が多いですよね。

 

自分が心地よいと感じる香りでも、相手にとっては不快な場合があるものです。

 

ですから、香りが主張しすぎていないか確かめてください。

 

もちろん、タバコのニオイを相手の玄関先に持ち込むのは絶対に禁止です。

 

タバコのニオイに激しい拒否反応を示す人は多いですからね。

 

ちょっとした気遣いが相手の印象を大きく左右すかもしれません。

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , ,

【 ご近所さんと良い関係を築くための第一歩 】

2017/07/18

 

 

前回、新築を依頼した人の8割は自宅の施工現場に何らかの不満を持つ、という話をしました。

 

もし皆さんの現場でも同じことが起きたら、近隣の方は不快感を抱くでしょう。

 

 

しかし、そんな相手の不満を和らげる方法があります。

 

それが『工事開始前の挨拶』です。

 

お施主さんや工事関係者が事前に挨拶に来てくれた…。

 

ただそれだけのことなのに、怒りや不満が和らぐことが多いんです。

 

 

新築の際、近隣に迷惑をかけない人などいません。

 

『お互い様』という気持ちは誰にもあります。

 

だからこそ、自分を気遣って、施主や関係者が事前のお詫びと挨拶に来てくれる心遣いを、より嬉しく感じるんです。

 

最低限挨拶しておきたいのは向こう三軒両隣です。

 

その他、工事車両の出入りで不便な思いをするお宅にも挨拶をしておきたいですね。

 

 

なお、タイミングとしては地鎮祭の日がベストです。

 

地鎮祭が終わった後、業者と一緒に挨拶に行きましょう。

 

一緒に行くことによって、近隣の方の負担を減らせます。

 

お施主さんにとっても、一人で挨拶に行くより心強いですよね。

是非、家づくりの初めの一歩としてご近隣のご挨拶は検討しましょう。

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , ,
2019年 5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム