【 検査は安心安全な暮らしに欠かせません。 】

2017/08/29

 

新築工事が終わると『竣工検査』が行われます。

竣工検査に立ち会うのは

・お施主様

・工事責任者

・工事担当者

・設計担当者

などです。

もしあなたが

「ご自身と施工業者だけがチェックするのは不安。

 中立的な第三者に同行してもらいたい」

と思うなら、経験豊かな建築士を派遣する第三者機関に依頼しましょう。

この時、施工業者に第三者機関を紹介してもらうのは避けたいものです。

なぜなら、施工業者とつながりがある業者の場合、中立でない可能性を否定できないからです。

ところで竣工検査ではどのようなことをチェックするのかご存知ですか?

一般的には、

・床に傷、傾斜、床鳴りはないか

・設備機器に不具合はないか

・建具はスムーズに開閉できるか、カギに問題はないか

・クロスの内壁や天井に傷・しわ・空気だまり・汚れなどないか

・外壁や基礎に傷やクラックはないか

・ガス・電気・水道などは問題なく使えるか

・排水に問題はないか

など、詳細な項目を一つ一つをチェックしていきます。

もし不具合を見つけたなら手直しを要求しましょう。

その際は、

「どの部分を、いつまでに、どのように手直しする」

ということを明確にし、必ず書面に残してください。

その書面は複写にし、工務店とあなたが同じものを持つようにします。

ここで不具合の指摘をしておかないと、後々相手の過失を問えなくなります。

なお、竣工検査とは別に、指定確認検査機関等による『中間検査』『完了検査』があります。

検査に合格しなければ、あなたの新居は違法建築物という扱いになります。

違反建築物は、住宅ローンの実行や借り換えもできません。

検査に合格していない家は、社会的な信用を得られないからです。

長く住み続けるには、あまりにもリスクが大きすぎます。

ちなみに、少し古いですが平成23年度の完了検査率は89%です。

この数字を、あなたはどう捉えますか?


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…浴槽の素材2:ステンレス]]

2017/04/14

「ステンレス 浴...」の画像検索結果

 

 

 

今日は、ステンレスの浴槽についてです。

ステンレスの浴槽の長所は、汚れが付きにくくて衛生的なことです。

掃除しやすく、耐久性も優れています。

短所は重いこと。

そのため、構造体に影響を与えることがあります。

場合によっては床などの補強が必要になります。

二階の浴室リフォームの場合は、特に気を付けたいですね。

意外と知られていませんがステンレスは熱伝導率が低いのでお風呂のお湯が

冷めにくくなっています。

リフォームでユニットバスに交換する方が多い中、ステンレス浴槽の使い勝手が

忘れられず、ユニットバスにせずに在来浴室とし浴槽はステンレスを選ばれる方もいます。

ご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

【 新築するのは不安ですか? 】

2017/02/14

 
不景気で家計が厳しいから、新築する決断ができない・・・。

そう思ったことはありませんか?

新築したら多額の住宅ローンを長期に渡って支払うのですから、その不安は当然です。

それに、賃貸住宅のように安易に転居することもできなくなります。

そんなことを考えると、むしろ何の不安も感じずに安易に決断できる方が不思議です。

では、新築を実行した方々は、なぜ決断できたのでしょう。

それは、新築することでしか得られないメリットを知っていたからです。

新築する一番のメリットは、家族の暮らし方に合った住まいで暮らせることです。

これは、賃貸住宅にはない圧倒的なメリットです。

新築した方の声を聞くと、

・好きなペットを好きな部屋で飼える

・防音室を用意したので、好きな時間にピアノなどを楽しめる

・わざわざ公園に行かなくても、庭で子供と楽しく遊べる

・広めに作ったキッチンで、休日はそば打ちしてリフレッシュ

など、暮らしに合わせた家でしか得られない楽しい生活を満喫している様子がうかがえます。

また、家族の成長とともにリフォームをして、より暮らしやすい状態にすることもできます。

必要に応じて、資産として売買や賃貸することもできます。

家賃と住宅ローンだけを比べて賃貸か持ち家かを選ぶ考え方もありますが、より安心で幸せに暮らせるという観点で選ぶと、持ち家はとても魅力的です。

今ならではの支援策としてすまい給付金や住宅ローン減税の拡充などがあります。

そのほか、政府が用意している補助金はいろいろあります。

それだけでなく、地方によっては人口の流出を防ぐため、独自の補助金を用意している自治体もあります。

何が不安なのかをはっきりさせると、その解決策を探せます。

解決策を探すには、専門知識を持った工務店に相談するのが一番です。

いつでもお気軽にご連絡ください。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , ,

【 住まいダイヤルと完成保証制度 】

2017/02/07

前回、工事の遅延トラブルに巻き込まれないための予防策として、6つの方法を紹介しました。

その中で、公的相談窓口や完成保証制度の2つは、少しわかりにくかったかもしれませんね。

そこで、今日はこの2つについて補足します。

まずは『住まいダイヤル』について。

こちらは国土交通大臣の指定を受けた住宅専門の相談窓口です。

電話相談は建築士の資格を持つ相談員が担当。

法律面の相談については、常駐弁護士が対応するので安心です。

なお、電話相談だけで解決できない場合は、弁護士や建築士による対面相談を受けられます。

それだけでなく、全国の弁護士会による紛争処理手続きにも対応してもらえます。

紛争処理は、裁判のような多額の費用を負担することはありません。

費用は、申請手数料の1万円のみです。

裁判と比べると

・非公開で進められるため、プライバシーが守られる

・迅速に解決できる

という大きなメリットがあります。

次に『住宅完成保証制度』について。

事業者の倒産などで工事が継続できなくなった場合に、発注者が最低限の追加負担で住宅を完成できるようにする制度です。

もちろん、前払い金の返還債務不履行にも対応します。

手続きの流れは以下の通りです。

施工業者は、登録審査の申請をする。
        ↓
審査基準を満たす業者だけが登録される。
        ↓
登録業者である住宅建設業者と発注者との間で、工事請負契約を締結。
        ↓
登録業者は、保証委託契約を申請。
        ↓
申請が承認されると、登録業者と保証機構の間で保証委託契約が成立。
        ↓
保証機構と発注者の間で保証契約が成立し、保証機構は保証書を発行。
        ↓
住宅工事着工と同時に保証開始。
        ↓
予定工期内での工事完了日までを保証。

例え、どんなに信頼できる業者でも、代表者の突然の死亡や長期入院など、どうしようもない事情で施工できなくなることはあり得ます。

そんなとき、この保証委託契約が成立していれば、他の業者が工事を引き継いでくれます。

家づくりの際、自分を守ってくれる2つの制度。

何事もなく引き渡しまでスムーズに進むのが一番ですが、万が一に備えて、これらの制度を覚えておきましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

【 工事のトラブルを防ぐ6つの方法 】

2017/01/31

 
国民生活センターに寄せられる相談の中で、新築工事やリフォーム工事などの遅延トラブルは増加傾向にあります。

新築工事に関してのトラブルの場合、30歳代を中心とした若年層が多く、平均契約金額は、約2500万円となっています。

国民生活センターの公式サイトには、新築に関わるトラブルとして

・契約し、手付金を支払ったのに、旧居の解体工事の予定すら立たない。

・工事が半年以上中断したあげく、事業者から「破産するつもりだ」と言われた。

・設計図通りに施工されていない。

・2ヶ月の遅延保障にも対応しない。

という事例が紹介されています。

これらに共通しているのは、すでにお金を支払っているだけでなく、工事がストップしている間にも発生する借家費用の負担増加など、多くの支出に苦しんでいる点です。

何とか完成したとしても、その不愉快な思い出は一生残ることになります。

このようなトラブルに巻き込まれないための予防策として、国民生活センターでは6つの方法を紹介しています。

1.工事の目的を明確にし、例え小規模工事であっても契約書類や設計図書の作成を事業者に求める。

2.資材・工程・費用の妥当性や合理性の検討について、複数の事業者から得て、住まいダイヤル(専門家や住宅リフォーム・紛争処理センター)などの公的相談窓口で、事前にチェックする。

3.事業者の倒産などに伴う工事中断などの備えとして完成保証制度などを利用する。

4.費用の全額前払いはしない。

 
5.着工後の計画変更はトラブルに至る大きなリスクとなりやすいので、安易に承諾しない。

 どうしても変更が必要になった場合、口約束をせず、必ず書面に記して責任関係を明確にしておく。

6.引き渡しの際、設計通りに適切に施工されているか確認をする。

これらの予防策を有効活用してくださいね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , ,
2017年 10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム