【 工事のトラブルを防ぐ6つの方法 】

2017/01/31

 
国民生活センターに寄せられる相談の中で、新築工事やリフォーム工事などの遅延トラブルは増加傾向にあります。

新築工事に関してのトラブルの場合、30歳代を中心とした若年層が多く、平均契約金額は、約2500万円となっています。

国民生活センターの公式サイトには、新築に関わるトラブルとして

・契約し、手付金を支払ったのに、旧居の解体工事の予定すら立たない。

・工事が半年以上中断したあげく、事業者から「破産するつもりだ」と言われた。

・設計図通りに施工されていない。

・2ヶ月の遅延保障にも対応しない。

という事例が紹介されています。

これらに共通しているのは、すでにお金を支払っているだけでなく、工事がストップしている間にも発生する借家費用の負担増加など、多くの支出に苦しんでいる点です。

何とか完成したとしても、その不愉快な思い出は一生残ることになります。

このようなトラブルに巻き込まれないための予防策として、国民生活センターでは6つの方法を紹介しています。

1.工事の目的を明確にし、例え小規模工事であっても契約書類や設計図書の作成を事業者に求める。

2.資材・工程・費用の妥当性や合理性の検討について、複数の事業者から得て、住まいダイヤル(専門家や住宅リフォーム・紛争処理センター)などの公的相談窓口で、事前にチェックする。

3.事業者の倒産などに伴う工事中断などの備えとして完成保証制度などを利用する。

4.費用の全額前払いはしない。

 
5.着工後の計画変更はトラブルに至る大きなリスクとなりやすいので、安易に承諾しない。

 どうしても変更が必要になった場合、口約束をせず、必ず書面に記して責任関係を明確にしておく。

6.引き渡しの際、設計通りに適切に施工されているか確認をする。

これらの予防策を有効活用してくださいね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…犬走り]]

2017/01/27

DSC_0969

 

今日は、犬走りについてです。

犬走りとは、建物の基礎部分を取り囲むように敷き詰めたコンクリートなどのことです。

泥はねにより建物が汚れるのを防げます。

犬が走るところではありません(ある意味一緒かも)

雑草対策にも役立ちます。

費用の軽減や防犯対策を優先するなら、コンクリートより砂利の方が良いでしょう。

ただし、砂利を5cmほどの厚さに敷き詰めても完全に雑草を防ぐことはできません。

耐久性のある防草シートを敷いてから砂利を敷けば、メンテナンスがとても楽になります。

どちらが良いかしっかり考えたいですね。

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , ,

【 建て時についての考えはどっち? 】

2017/01/24

 

「近い将来、消費税が引き上げられます」

「こんな低金利は、もう二度とないかもしれない」

「今ならキャンペーンで、こんな特典が!」

そんなフレーズを耳にすると、

「新築するなら今が一番いいのかも」

と、気が焦ってしまいますね。

数千万円の費用を掛けるのですから、少しでもお得な時期に建てたいと思うのは当然です。

しかし、逆の考え方もあります。

数千万円の費用を掛けるのですから、より良い家づくりをするための計画を充分に練って、準備が整うまで待つべき。

さて、みなさんの考えはどちらでしょうか。

家が完成するまでには、ライフサイクルを作成して安全な資金計画を考えたり、納得できる土地を探したり、信頼できる工務店を探したりと、時間を読めない作業が続きます。

打ち合わせや施工期間を含めると、数年がかりの計画になります。

もし、住宅を投資目的で買うのなら、低金利や増税前の時期は絶好のタイミングといえるのでしょう。

しかし、家族のための新居をつくる人にとってはどうでしょうか。

世間のタイミングに合わせるより、自分のタイミングに合わせることが大切だと私は考えます。

自分の建て時と他の人の建て時は違います。

後悔や妥協をしないためにも、

建て時をしっかり見極めたいものですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , ,

こんなときどうするの?…押入れ

2017/01/20

cimg9277

 

今日は、押し入れについてです。

押し入れの目的は、布団の収納です。

しかし、布団からベッドに変えると、押し入れに無駄なスペースが生まれます。

となると、押し入れをそのまま放置するのはもったいないですね。

押し入れの有効活用法として人気なのが、クローゼットへのリフォームです。

奥行や高さを上手に利用するため、可動式の棚を設けるのもいいですね。

収納スペースを十分に確保できているなら、部屋の一部として利用するのもいいですね。

実際、書斎や勉強スペースにリフォームする事例もあります。

お気軽にご相談お待ちしております。


カテゴリー: ブログ, 未分類  タグ:, , , , , , ,

【 同居や近居を検討する時に・・・ 】

2017/01/17

「親と同居するのはイヤだけど、育児は手伝ってほしい」

と考える子育て世代は、意外と多いそうです。

そんな子育て世代が望むのが、親との『同居』や『近居』です。

内閣府が公表した『家族と地域における子育てに関する意識調査』によると、同居を希望する子世帯が20.6%なのに対し、近居を希望する子世帯は31.8%となっています。

今、仕事や塾の都合で家族全員が揃うのが難しくなり一家団欒の回数が減っている時代です。

「共働きのため、小学生の子どもに1人で留守番をさせたことがある」

と答えた働く女性は、7割以上にのぼります。

そんな女性の多くは、男性より沢山の家事を担当しています。

せっかく帰宅しても、すぐに家事に追われるため、子供に関わる時間が短いと嘆いています。

そんな核家族が密かに(?)期待しているのが、親世帯のサポートです。

近居の定義は人それぞれです

歩いて行き来できる距離だと考える人もいれば、車で1時間以内と考える人もいます。

将来的な介護なども視野に入れているのなら近い方が便利ですが、そればかりを優先して土地選びをすると、

満足感を得られない新居になるかもしれません。

付かず離れずの程よい距離で良好な人間関係を持続させるためにはどうすればいいのか。

折に触れて考えたいものですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

こんなときどうするの?…ウッドデッキ

2017/01/13

_mg_1317

 

今日はウッドデッキについてです。

通販やホームセンターなどで見かける、軽くて安価なソフトウッドの寿命は数年程度です。

ただし、腐りやすいので年に一回の塗装メンテナンスが欠かせません。

重くてかたいハードウッドは、ソフトウッドより高価ですが、10年以上利用できます。

塗装メンテナンスは、ほとんど必要ありません。

さらに長命な素材がいいのなら、樹脂木が良いでしょう。

しかし、樹脂木は熱を吸収しやすいので夏は要注意です。

設置場所や使用目的に応じて、最適なものをお選びください。

ご相談はお気軽にどうぞ

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , ,

【 現場監督の重要性とは 】

2017/01/10

『現場監督』の仕事をご存知ですか?

彼らの仕事は、契約直後から始まります。

・施工計画書を作成

・必要な人材や資材の手配

・必要書類の作成や手続き

・現場の施工チェック

・現場の安全管理

・天候不良などによる作業内容変更への対応

・お施主様への報告や打ち合わせ

・近隣住民への挨拶や苦情対応

など、その仕事内容は多岐に渡ります。

場合によっては、さらに仕事が増える場合もあります。

とても大変な仕事ではありますが、お施主様と一緒に造り上げていく工程はとても充実していますね。

もしあなたの家を担当してもらうなら、

「できるだけ自分の家に関わってほしい・・・」

と思うかもしれません。

第三者機関に依頼し、定期的にチェックしてもらう方法もありますが、チェック回数が増えれば費用もかさみます。

現場監督の仕事は『段取り八分、仕事二分』。

現場では作業を見守る立場なので、人によっては

「現場監督はいらないから、その分人件費を削ってほしい」

と思うかも?

しかし、施工不良を防ぎ、スケジュール通りに完成させるためには欠かせない存在なのです。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , ,

こんなときどうするの?…濡れ縁

2017/01/06

imgp8644

今日は、濡れ縁についてです。

濡れ縁とは、室外にある雨ざらしの縁側のことです。

風雨や紫外線を防ぐものがないので、木材による濡れ縁は腐食しやすく、定期的に交換しなければなりません。

劣化させたくないなら、樹脂木製かアルミ製など、木材以外にするとよいでしょう。

ただし、どちらも気温に影響されやすいので、夏は熱く冬は冷たくなってしまいます。

設置場所や使用時間などを考慮し、暮らしに合った素材を選びたいですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

【 重要事項説明書は、ココをチェック 】

2017/01/03

前回、契約前に重要事項説明書と契約書の写しをもらい、内容を確認してから契約しましょうという話をしました。

重要事項説明書には、大きく分けると、

1.対象となる宅地又は建物に直接関係する事項

2.取引条件に関する事項

の2つについて記載されています。

最低限チェックしたい内容は、以下の通りです。

【 対象となる宅地又は建物に直接関係する事項 】

・物件を正しく特定できるか

・他者の抵当権が設定されておらず、完全な所有権を取得できるか

・土地に法令上の制限はないか、計画通りの新居を建築できるか

・私道の権利や負担について、明確にされているか

・土砂災害警戒区域、造成宅地防災区域などに指定されているか

 指定されている場合、内容や制限、費用負担はどうか

【 取引条件に関する事項 】

・固定資産税や管理費等の清算金など、建築費以外にどのような金銭が必要か

・契約を解除する場合の手順や効果は適正か

・損害賠償や違約金、手付金の取り扱いは適正か

・手付金や売買代金の総額、その支払い時期に問題はないか

・住宅ローンの内容は正しく記されているか

・住宅ローンを受けられなかった時、売買契約は無条件で解除できるか

・倒産などで建築出来なくなった時、瑕疵担保責任保険を履行できるか

・供託所についての記載があるか

・所有権を移転するのはいつか

・引き渡しまでの責任の有無について

・引き渡し前に火事などで焼失した場合の危険負担をどうするか

 

また特に注意したいのが『取引条件に関する事項』です。

契約の解除の原因には、

・あなたの個人的な事情

・売主さんの事情

などがあり、特にトラブルが起きやすいものです。

もし特約が設定されているのなら、それはどんな内容か、業者寄りの内容になっていないか、念入りに確認しましょう。

大切な作業なので、じっくり丁寧に読み込んでみましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , ,

新年 明けましておめでとうございます!

2017/01/01

謹賀新年 

去年は特別のご厚情を賜り、厚くお礼を申し上げます。

本年もスタッフ一同、よりよい家づくりを目指し頑張りますので

何卒去年同様のご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

皆様におきましても素晴らしい良き年になりますように心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

新年は1月4日より平常通りの営業とさせて頂きます。

 

 

 

 

 


カテゴリー: ご挨拶・雑記  
2017年 1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム