【 使いやすいと感じるキッチンは人それぞれです。 】

2019/07/16

 

前回、維持管理や将来のリフォームを視野に入れるなら、水廻りは一か所に集中させた方が良い、とお話ししました。

じつは、水廻りを一か所に集中させるメリットは他にもあります。

それは、家事を効率良く行えることです。

家事をする人にとって、キッチンの近くにあると便利なのが勝手口、洗面所、脱衣所、浴室、物干し場、サービスヤードなど。

キッチンを独立した空間にせず、つなげるように配置すれば、家事効率をさらに高めることができます。

キッチンにはI型、Ⅱ型、コの字型、L型など、いろんな形があります。

最も一般的なのは、シンクと作業台、コンロが同一線上にあるI型です。

壁側に設置することもできれば、対面キッチンとして設置することもできます。

ただ、横に長いと使いにくかったり、リビングにいる来客から丸見えになることがあります。

Ⅱ型は、シンクと作業スペース、調理・配膳スペースを並行に設置したものです。

I型の横移動と比べると移動距離が短いので効率的です。

ただし、この2列の間隔を広げすぎると移動距離が長くなるので、広いキッチンには不向きと言えるでしょう。

コの字型とL型も、I型よりシンクとコンロの移動距離が短くなります。

一方、後方の広さやその形から、複数での作業がしやすいのはメリットです。

ただし、コーナー部分の下がデッドスペースになりやすいのが難点。

収納スペースを少しでも多く確保したい方には好ましくない形です。

・キッチンの広さ

・キッチンでの作業人数

・視線や調理中のニオイへの配慮

・隣接するスペースとの関係性

などを考慮して、最適なものを見つけましょう。
 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , ,
2019年 8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム