【 『坪単価』はカラクリだらけ 】

2018/02/27

「坪単価50万円の家をつくる業者より、坪単価40万円の家をつくる業者の方が利益を上げている場合もある」

・・・なんだか嘘っぽく聞こえますね。

しかし、実際はそんなこともあるんです。

なぜなら、家の形や間取り、建材や設備などによって費用はいくらでも変えられるからです。

一戸建ての建築費用は、一般的に

・本体工事費・・・建物を完成させるための工事費

・別途工事費・・・上下水道工事やガスの配管工事など、人が実際に暮らせるようにするための工事費

・諸費用・・・建築確認申請など、各種手続きや税金に関わる費用

に分けられます。

この建築費用が高いか安いかを判断するためにみなさんが用いるのが『坪単価』です。

坪単価とは、一般的に『建設費用』を『床面積』で割った数値のことです。

この『建設費用』を『本体工事費だけ』だと捉える業者もいれば、『本体工事費+別途工事費』と捉える業者もいます。

少しでもお得感を出したい業者は本体工事費だけで計算しますが、良心的な業者の場合、カーテンやエアコンなどの設置費用まで含めます。

また、『床面積』にもカラクリがあります。

床面積には、下記の2つがあります。

・延べ床面積・・・玄関ポーチやベランダなどを含まない

・施工床面積・・・玄関ポーチやベランダなどを含む

・・・ということは?

そうです。

『延べ床面積』よりも広い『施工床面積』で算出した方が、坪単価は安くなります。

お得感を強調できるんです。

ですから坪単価の安さをアピールする業者がいたら、

・なぜ安いのか

・何をもとに坪単価を算出しているのか

といったことは、必ず確かめるようにしましょう。

「坪単価が安いから契約したのに、実際の坪単価は10万円以上高かった・・・」

と嘆く声を聞くことがあります。

そうならないためには、坪単価を重視しないことです。

重視すべきは、住める状態に仕上げるまでに必要な総額費用ではないでしょうか?


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…シロッコファン]]

2018/02/23

今日は、シロッコファンについてです。

従来の換気扇といえば、扇風機のような羽根をした『プロペラファン』が主流でした。

最近の主流は、縦型の細い羽が筒状に並んだ『シロッコファン』です。

シロッコファンにも油汚れは付着しますが、汚れを落としやすいようにコーティングしてあるので掃除のストレスを減らせます。

着脱も簡単なので女性にも安心です。

プロペラファンのように外壁に接する必要がないので、キッチンの断熱性を高めるのにも役立ちますよ。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

【 「大手だから安心」とは言い切れません。 】

2018/02/20

 

今日は、ハウスメーカーの長所と短所についてお伝えします。

ハウスメーカーの最大の長所は、大量発注によるコストカットです。

部材が規格化されているので、品質の精度も安定しています。

また、モデルハウスで実物を体感できるので、空間の広さや性能などをイメージしやすくなっています。

カタログも充実しており、きめ細かいサービスを受けることができます。

一般的な要望を満たす性能を確保しているので、決められたものから自分に合ったものを選んでいく家づくり。

服で例えるなら、『イージーオーダー』といったところでしょうか。

次に短所です。

ハウスメーカー推奨の家づくりではなく、そこに自分のこだわりを反映させたい場合、施工を引き受けてもらえないことがあります。

その土地の気候風土に合う合わないではなく、ハウスメーカーが得意とする家づくりが優先されることもあります。

また、完全分業(打ち合わせは営業マン、設計は建築士)なので、あなたの意志がうまく伝わらない場合があります。

そのほか、モデルハウスなどの広告宣伝費が工事費に含まれるため、実質的な家づくりに使われる金額は、工務店での家づくりより少なくなります。

「実物を見て参考になったのだから、費用負担は当然だ」

「すべてを勉強して一つずつ決めていくより、ある程度品質が確保されているのなら、規格化されたものから選んだ方が楽でいい」

という方なら、ハウスメーカーがピッタリです。

しかし、安心感で選びたいなら要注意です。

なぜなら、「大手だから安心」「ハウスメーカーだから安心」とは言い切れないからです。

安心感や信頼性は業者選びに欠かせない条件ですが、両者をそれで分類することはできません。

まずは、みなさんが望む家づくりがフルオーダーなのか、イージーオーダーで間に合うのか、見極めることが大切です。

あとは、その家づくりに合う業者の中から信頼できる業者を厳選しましょう。

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

[[ こんなときどうするの?…防災瓦 ]]

2018/02/16

今日は、防災瓦についてです。

防災瓦とは、台風や地震などに強い瓦のことです。

瓦同士を固定するロック構造が、強風や地震による落下を防ぎます。

一般的な瓦より割高ですが、その分耐久性に優れているので、長い目で見ると経済的といえるでしょう。

デザインも色の種類も豊富なので、洋風の住宅にも和風の住宅にも合います。

屋根瓦のリフォームの時期が近付いたなら、防災瓦も検討対象に加えてみませんか?

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , ,

【 こだわりを活かしたいなら、こんな工務店を探してみては? 】

2018/02/13

 

工務店には、大手のゼネコンから一人大工の工務店まで、さまざまな規模のものがあります。

○○建設、○○住宅、○○ビルドなど、その社名もさまざまです。

工務店の業務形態には、いくつかの種類があります。

●自立型

 「地域密着の工務店」と「ビルダー、ハウスメーカー型工務店」

●下請け型

 「ハウスメーカーの下請」と「不動産会社の下請-建売、条件付住宅建設」

●フランチャイズ型

自分のこだわりを活かせる注文住宅を建てたいのなら、「地域密着の工務店」がピッタリでしょう。

ただ、地域密着の工務店には、営業マンがいない場合があります。

当社のように初回面談を社長自ら担当することもあります。

技術はあっても笑顔が苦手・・・という人もいるので、慣れるまで緊張や戸惑いで気づかれすることがあるかもしれません。

一方、もしフランチャイズ型の工務店に依頼した場合、家づくりにはある程度の制約があります。

下請け型の場合、マニュアルに沿った家づくりが大前提です。

それに、下請けと直接やり取りすることはできません。

必ず、元請け業者が間に入ります。

意思の疎通が難しくなります。

家づくりは業者とのフィーリングが大切です。

真っ白な紙にあなたが望む家を描くには、何度も話し合いを重ね、言葉でうまく表現できないあなたの思いを汲み取り、その技術力で完成させてくれる業者の力が必要です。

それだけではありません。

完成後も数十年に渡って、あなたと同じ思いで家を大切に守ってもらわなければなりません。

どんな家づくりをしたいのかによって依頼すべき業者は異なります。

あなたのこだわりを活かした家づくりをしたいなら、自立型で地域に密着した工務店を探してみませんか?


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…防汚塗料]

2018/02/09

今日は「防汚塗料」についてです。

外壁塗料の寿命は、塗料の素材によって異なりますが、費用と耐用年数はほぼ比例すると考えてよいでしょう。

ところで、綺麗な外壁をできるだけ長く維持したい人にピッタリなのが、「防汚機能」がある塗料です。

防汚塗料は、雨が降るたびにホコリや汚れが流れ落ちるようです。

外壁に水をかけて洗う手間が省けるので掃除がラクですね。

また、比較的高級な塗料には防汚機能があるものが多いようです。

外壁の塗料選びの際は、費用や耐用年数だけでなく、それぞれの能力も比較したいですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

【 汚れやすくて掃除しにくい場所を減らしたいなら 】

2018/02/06

 

家づくりの時、建物の性能はもちろん大切ですが、忘れてはいけないことがあります。

それは、『汚れにくさ、掃除のしやすさ』です。

家の中で、特に汚れやすい場所は水廻りです。

キッチン、トイレ、洗面所、浴室は、毎日使う大切な場所。

そこが、汚れにくくて掃除しやすい状態なら、掃除をする人の負担がグッと減ります。

例えば、撥水・撥油加工により汚れを弾く浴槽や、特殊加工で汚れにくい浴室の床や鏡があるとしたら、あなたはどう思いますか?

カビ菌やトイレの付着菌を素早く除菌するトイレ製品があったら安心だと思いますか?

こまめに掃除できる人には無用の長物かもしれませんが、家事の時間短縮を図りたい人にとっては、心強いお助けアイテムになることでしょう。

洗面所は、衣類や化粧品など多くのモノを置くので雑然としがちな場所です。

しかし、適切な位置に適切な大きさの収納スペースがあれば、見た目も掃除のしやすさも格段に良くなります。

湿気が多くカビが発生しやすい場所は、抗カビを重視した設備を選んでおくと、カビ掃除の手間が減ります。

大事に住み続けることを考えると、『汚れにくくて掃除しやすい』というのは大切なキーワードです。

今の住まいで、汚れやすくて掃除しにくい場所や、ストレスを感じることが多い場所はありますか?

家づくりの際に考えてもいいかもしれませんね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…洗面台の収納力]

2018/02/02

今日は、洗面台の収納力についてです。

歯ブラシや化粧品などが置かれた洗面台は雑然として見苦しい印象を与えます。

底面に水垢が付きやすいし、掃除をする際はモノの移動が面倒だし、良いことなんて一つもありません。

これを解決する一番の方法は、洗面台の収納力を増やすことでしょう。

まずは、ミラーの後ろが収納スペースになっているものを選びましょう。

観音開きのものもありますが、三面鏡タイプの方が後頭部のチェックもできて便利です。

棚を取り外しできるタイプなら、掃除や高さの調整も簡単です。

従来の洗面台は、洗面台の下の部分が扉になっているものが多いですよね。

もし使い勝手の悪さが気になるなら、引き出しタイプを選びましょう。

デッドスペースを減らせるし、在庫管理も楽になります。

洗面台の収納力次第で洗面所の快適度は変わります。

洗面台をリフォームする際は、収納力の比較をお忘れなく。


カテゴリー: ブログ, 未分類  タグ:, , , , , , , , , , , ,
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム