[[こんなときどうするの?…介護保険制度を利用したリフォーム その1]]

2017/12/08

今日は、介護保険制度を利用したリフォームについてです。

要介護・要支援認定を受けて在宅で生活している人は、介護保険制度を利用してリフォームできます。

対象となるリフォームは

・手すりの取り付け

・段差の解消

・滑り防止・移動の円滑化などのための床材の変更

・引き戸等への扉の取り換え

・洋式便器等への便器の取り換え

・その他、上記の工事に付帯する必要な工事で自治体が認めたものです。

また保険制度を利用する際は市町村に登録認可された業者となりますので注意が必要です。

ご相談はお気軽にどうぞ。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…リフォーム見積チェックサービス]]

2017/09/29

住宅紛争処理支援センター(住まいるダイヤル)の電話相談窓口:0570-016-100

 

今日は、住まいるダイヤルの『リフォーム見積チェックサービス』についてです。

リフォーム工事のために見積書を作ってもらっても、一般の方は

「意味が分からない」

「本当にこれで大丈夫?」

と不安になって当然です。

そんな時、頼りになるのが『住まいるダイヤル』の『リフォーム見積チェックサービス』(相談無料)です。

まずは0570-016-100に電話した後、郵送かファックスで図面や見積書を送ります。

見積項目や数量の確認、見積書の単価と市場価格等との照合、技術的観点から相談員がチェックし、電話で助言するという流れです。

リフォーム予定があるなら、うっかり忘れを防ぐため、スマホやパソコンに「住まいるダイヤル」をブックマークしておくと安心ですね。^^


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…見知らぬ業者からの指摘]]

2017/09/01

本日は、見知らぬ業者からの指摘についてです。

「屋根(または外壁)」が傷んでいます。今すぐ補修しないと大変なことになりますよ」

といった訪問営業を受けたことはありませんか?

本当かもしれないと思うと、詳しい説明を聞きたくなりますよね。

しかしアポなしで訪れた見知らぬ業者からそんな指摘を受けた時、その場で契約するのは危険です。

まずは施工業者か地元の専門業者にセカンドオピニオンを依頼し、正しい現状を知りましょう。

・ほとんど傷んでおらず、まだ補修する必要は無かった

・相場以上の金額で契約した

などのトラブルは後を絶ちません。

つい先日も、お客様のご実家(母一人暮らし)で同じようなことが実際にあり相談を受けています。

気を付けましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…フローリング]

2017/08/11

今日はフローリングについてです。

夏、合板のフローリングを裸足で歩くと、足の裏がベタベタして不快ですね。

その点、無垢材のフローリングはサラサラとして、合板のような不快感はありません。

しかし、無垢材は合板より金額が高くて普段のお手入れが面倒。

そのため、合板のフローリングにする方は多いものです。

ただ、最近では天然木に近い質感になるよう、特殊加工された床材も登場しています。

あなたが床のリフォームを考える頃には、さらに種類が増えているかもしれません。

フローリングのリフォームには2つの方法があります。

今使っているフローリングを剥がして貼り替える方法と、剥がさずに重ね貼りする方法です。

重ね貼りの方が時間と費用を節約できますが、重ねた分だけ床が高くなり、扉の高さ調整が必要になることがあるので注意しましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…外壁リフォームの理由2]

2017/07/14

     木製玄関ドア  塗装前

      塗装後

 

 

 

今日は、外壁をリフォームする2つめの理由についてです。

 

 

人の第一印象を決める大きな要素は「見た目」です。

 

同様に、家の外観は住人を表すと言われています。

 

 

たとえ築年数が古くても、きちんと手入れされている住宅は凛とした風情が漂います。

 

逆に、築後数年しか経っていなくても、庭の雑草が放置されていたり、外観に汚れの目立つ住宅は「みっともない」印象を与えます。

 

 住宅の外観に関心を持たない人は外壁の劣化状況を知りません。

 

それは、訪問営業のターゲットになりやすいので気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…外壁リフォームの理由1]

2017/07/07

 

 

今日は、外壁をリフォームする理由についてです。

 

梅雨、猛暑、台風など、これからの数か月は、外壁にとって特に厳しい環境が待っています。

 

塗装によるバリア機能が弱まっていると、紫外線や雨水の影響を受けやすくなります。

 

また、サイディングの継ぎ目に使われているシーリングは、年々劣化により縮まり、雨水侵入の一因になっています。

 

気になる方は雨が上がった翌日、外壁をぐるりとチェックしてください。

 

一部分だけ乾いていないところはありませんか?

 

もしかすると、そこは内部まで雨水が入っているかもしれません。

 

早めに業者に相談し、被害の拡大を防ぎましょう。

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…ブロック塀]]

2017/06/23

 

 

 

今日は、ブロック塀についてです。

 

 

質の良いブロックで設計基準通りにつくられたブロック塀の耐久年数は、約30年。

 

しかし、費用を抑えるために薄いブロックを使ったり、基礎が浅いなどの問題があるブロック塀の耐久性は、もっと短くなります。

 

カビや水垢などの汚れは落とせば問題ありませんが、

 

・ヒビが入っている

 

・表面がはがれている

 

・傾いている

 

などの症状を放置すると、ブロック塀が倒れて人に被害を与えることがあります。

 

 

見た目に問題が無くても、建築後20年以上経過しているなら、診断を依頼しましょう。

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , ,

[[[こんなときどうするの?…浴槽の形1:ストレート浴槽]]

2017/05/12

クリックすると新しいウィンドウで開きます

今日は、ストレート浴槽についてです。

最も一般的な浴槽の形といえば、やはりストレートタイプでしょう。

数十年前は、洋風より短くて深い和式の浴槽が多かったのですが、最近は長さも深さもたっぷりの和洋折衷タイプが主流です。

とはいえ、長さ80~120cmほどの和式の浴槽を、長さ110~160cmの和洋折衷タイプにリフォームしたくても、浴室の広さ等の関係で採用できないことがあります。

浴槽の容積を広くしたいなら、根本的に浴室の形状を変えることも検討してみたいですね。

ユニットバスでも現在の形状にぴったり設置できるモノもあります。

お気軽にお問い合わせください。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…浴槽の素材4:人造大理石]]

2017/04/28


 
 
 
 
今日は、人造(又は人工)大理石の浴槽についてです。

人造大理石の原材料は樹脂で、天然の大理石に似せて作られています。

外観の長所は、光沢があり、色やデザインが多様であること。

利便性での長所は、耐久性に優れ、汚れを落としやすいことです。

価格帯が幅広い分、外観や性能の差が大きいのも特徴です。

ユニットバスでは人造大理石の浴槽も選ぶことが出来ます。

何を求めるかを明確にして、最適なものを選びたいですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…浴槽の素材1:FRP]]

2017/04/07

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

今日は、浴槽の素材『FRP』についてです。

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)は、最近の浴槽で最も一般的な素材です。

長所は、ほかの素材より比較的安価なこと。

短所は、汚れが付きやすいことです。

表面の光沢層は、毎日掃除している間に、少しづつ剥がれていきます。

光沢層がなくなると、水面の高さに合わせて黒いシミのようなものができやすくなります。

在来浴室からユニットバスに変更するリフォームなどもお気軽にご相談ください。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…鼻隠し]

2017/03/03

IMGP5569

今日は、鼻隠しについてです。

鼻隠しは、屋根を支えている垂木(たるき)の切り口を隠すため、軒先の先端に取り付けられている部材です。

築20年以上の家屋だとよく塗装が剥げ、樋が下がっている家を見かけます。

風雨や紫外線の影響を受けやすく、劣化を放置すると、屋根の内部に雨水が侵入するなどのリスクがあります。

耐用年数の目安は10~15年程度ですが、台風や大雨の後は様子をチェックしましょう。

外壁などのメンテナンス時には合わせて検討してくださいね。

加入している火災保険に風災が含まれるなら、台風による破損の補修を依頼する前に、写真を撮ることも忘れないでくださいね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…真壁]]

2017/02/24

0 003

今日は、真壁(しんかべ)についてです。

真壁とは、室内から柱が見える壁のことです。

柱の間の壁は、土壁やモルタル、タイルやビニールクロスなど、様々な素材があります。

主に和室に見られます。

経年劣化により、柱の見栄えや状態が悪くなることがあります。

土壁やモルタル仕上げの場合、ヒビが入ることがあります。

結露などが原因でカビが発生することもあります。

いずれも、早急なケアが大切です。

傷んだ場所が広がる前に、対応したいですね。

また、最近は真壁から大壁(柱を隠す)に変更して自然素材の材料で壁を塗り

洋風に変更するリフォームが増えています。

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…犬走り]]

2017/01/27

DSC_0969

 

今日は、犬走りについてです。

犬走りとは、建物の基礎部分を取り囲むように敷き詰めたコンクリートなどのことです。

泥はねにより建物が汚れるのを防げます。

犬が走るところではありません(ある意味一緒かも)

雑草対策にも役立ちます。

費用の軽減や防犯対策を優先するなら、コンクリートより砂利の方が良いでしょう。

ただし、砂利を5cmほどの厚さに敷き詰めても完全に雑草を防ぐことはできません。

耐久性のある防草シートを敷いてから砂利を敷けば、メンテナンスがとても楽になります。

どちらが良いかしっかり考えたいですね。

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , ,

こんなときどうするの?…ウッドデッキ

2017/01/13

_mg_1317

 

今日はウッドデッキについてです。

通販やホームセンターなどで見かける、軽くて安価なソフトウッドの寿命は数年程度です。

ただし、腐りやすいので年に一回の塗装メンテナンスが欠かせません。

重くてかたいハードウッドは、ソフトウッドより高価ですが、10年以上利用できます。

塗装メンテナンスは、ほとんど必要ありません。

さらに長命な素材がいいのなら、樹脂木が良いでしょう。

しかし、樹脂木は熱を吸収しやすいので夏は要注意です。

設置場所や使用目的に応じて、最適なものをお選びください。

ご相談はお気軽にどうぞ

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , ,
2017年 12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム