【 居心地が良い場所を観察しましょう 】

2018/03/06

 

先日のテレビ番組で、お施主さんが

「家づくりの際、壁紙にこだわって、数種類の『白』を使い分けた」

と話していました。

現場の職人さんも、使い分けるのが大変だったとか。

なのに、完成した住まいを見た時、

「選んだ私自身でも見分けがつかない。これなら、あんなにこだわる必要は無かった」

と苦笑したそうです。

壁紙や外壁などを選ぶ時、分厚い見本を手渡されます。

その中から選ぶのは大変な作業です。

迷った挙句、部屋ごとに異なる壁紙を使う人もいます。

ただ、それが住み手に満足感を与えるかどうかは、しばらく暮らしてみないとわかりません。

失敗したくないと思うと、ますます迷ってしまいそうですね。

そんな不安を回避する方法があります。

それは、好きな場所を観察することです。

よく行くお店、美術館、児童館、図書館、友達の家など、お気に入りの空間をじっくり観察するんです。

その際、壁紙だけではなく、床材や照明器具など、気になるものをアップで撮影しておきましょう。

(撮影許可をいただいてくださいね)

逆に、落ち着かない空間や居心地の悪い空間もチェックしましょう。

そのような場所に行く機会はあまりないでしょうが、もしあったら、それはそれで貴重なシャッターチャンスと言えるかもしれません。^^;

そういえば、子育てに奮闘中の方が、

・玄関や階段、スイッチ周辺の壁紙は手垢で汚れやすい

・凹凸がある壁紙は、埃が溜まりやすくて汚れを落としにくい

と愚痴をこぼしていたことがあります。

確か、住んで間もない頃は

「凹凸部分に朝日が当たると、壁紙の表情が変わる」

と嬉しそうだったのですが・・・。

じっくりと検討したいものですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…温度と湿度の管理]]

2017/07/28

 

 

 「寒暖計 湿度計」の画像検索結果

 

 

今日は、温度と湿度の管理についてです。

 

 

梅雨のように朝から晩まで雨が降り続くことはないものの、ゲリラ豪雨や夕立など、雨が降りやすい今の時期。

 

気温と湿度が高いと、カビやダニが発生しやすくなります。

 

それを防ぐためには、まずそれぞれの部屋の気温と湿度を知ることが肝心です。

 

部屋や押し入れ、キッチンや浴室など、いろんな場所の気温と湿度を測ってみましょう。

 

 

湿度が高くなりがちな場所は、その場所や床下が湿気により劣化するリスクが高い所です。

 

リスクを知れば、換気やこまめな点検などの対策を考えることができます。

 

劣化の早期発見にも役立ちます。

 

次に雨が降った時にでも、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…真壁]]

2017/02/24

0 003

今日は、真壁(しんかべ)についてです。

真壁とは、室内から柱が見える壁のことです。

柱の間の壁は、土壁やモルタル、タイルやビニールクロスなど、様々な素材があります。

主に和室に見られます。

経年劣化により、柱の見栄えや状態が悪くなることがあります。

土壁やモルタル仕上げの場合、ヒビが入ることがあります。

結露などが原因でカビが発生することもあります。

いずれも、早急なケアが大切です。

傷んだ場所が広がる前に、対応したいですね。

また、最近は真壁から大壁(柱を隠す)に変更して自然素材の材料で壁を塗り

洋風に変更するリフォームが増えています。

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,
2018年 9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム