後悔しない家づくりの秘訣元現場監督テクニカルホーム社長のブログ

【 自然の力で湿度を調整しましょう 】

2018/08/28

 

早速ですが、皆さんが今いる部屋の湿度はどれくらいですか?

人間が快適な湿度は40~60%だと言われています。

しかし、日本では夏は70%以上に、冬は20%以下になることがあります。

快適に過ごすには、湿度の調整が欠かせません。

昔の住宅は、ふんだんに使われた木材や、障子・ふすまに使用された紙などの自然素材が湿度を調整していました。

それに加えて、今より気密性が低く適度な空気の循環がありました。

それらの力が湿度の調整に役立っていたんです。

一方、昔と比べて気密性が高くなった最近の住宅は、冬でも湿度が70%を超えることがあります。

調湿機能のない工業製品で建てられた住宅の弱点です。

気温28度以上、湿度70%以上になると熱中症のリスクが高まります。

カビやダニが増えやすくなるので、ハウスダストによるアレルギーも心配です。

湿度50%以下になると、肌やのどが乾燥し、美容にも健康にも悪影響を与えます。

湿度40%未満になると、インフルエンザウィルスの生存率が高まります。

静電気も生じやすくなります。

湿度が変わるたびに除湿器や加湿器で調整するのは大変です。

それに、床下や押し入れなど、湿度調整が難しいところもあります。

そんな時、住宅そのものに湿度を調整する力があると助かりますよね。

炭や無垢材・珪藻土は、湿度を調整する自然素材として注目を集めています。

湿度は、人や住まいの健康に大きな影響を及ぼします。

自然素材を上手に取り入れて、健康を守りたいものですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , ,
アーカイブ
2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • 129プランの間取り集プレゼント
  • 家づくりのお役立ち情報 無料メール配信
  • Construction Area テクニカルホームの施工エリア 横浜市内および隣接エリアで太いひのきにつつまれた森林浴のできる家ならテクニカルホームにお任せ下さい!横浜市泉区、戸塚区、栄区、旭区
  • ホームページからの来店予約で家づくりに役立つ資料を無料プレゼント!!