2020年までに。

2016/08/23

新築住宅に対して、2020年までに省エネルギー基準への適合が義務化されていることをご存知ですか?

よほど関心がない限り、一般の人は知らないかもしれませんね。

じつは、国土交通省の調査によると、その内容を十分に把握している業者は、わずか1割程度にすぎません。

驚くことに、

「聞いたことはある」

「知らない」

と回答した業者は4割を占めます。

日本は、エネルギー資源の大部分を海外に依存しています。

そのため、資源の有効活用をして、国民経済の負担を和らげる必要があります。

また、地球温暖化を防ぐため、二酸化炭素の発生量を抑えることが大切になります。

それができるのが省エネ住宅です。

ただ、省エネ住宅の施工には、より高度な知識と技術が必要になります。

そのため、業者を対象にした技術講習会が定期的に開かれています。

しかし、日々の仕事に忙殺されて時間を捻出できずにレベル格差が課題になっています。

お客さまから見ると、家づくりの専門家である住宅業者は先生といってもいい立場です。

これからの建物に対する知識と情報に素早く対応できるようにしていきたいと思います。


カテゴリー: 家づくりのあれこれ  
2017年 11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム