後悔しない家づくりの秘訣元現場監督テクニカルホーム社長のブログ

「強度や耐荷重を把握し、住まいを守りましょう」

2024/06/04

 

 

洗濯物を室内に干す方の中には、
物干しスタンドに干す方もいれば、
物干しのために設けられた「天井物干し」を使ったり、
「カーテンレール」「ドア枠」「かもい」などに干す方もいます。
壁面に突っ張り棒を設置する方もいます。

濡れた洗濯物って結構重いですよね。

天井物干しなら、その重さを考慮して作られています。
しかし、カーテンレールや壁面などは、
洗濯物の重さまで考慮されていません。

ということは?

あなたの使い方次第では、
その重さに住まいが耐えられなくなる恐れがあるんです…。

■天井

子どもの成長とともに洗濯物の重さは増えます。

そのため、洗濯物の干し方によっては
天井物干しなどが重さに耐えられずに落下したり、
天井が破損する恐れがあります。

また、天井に照明器具を設置する場合、
一般的な重量なら特に問題はありません。

しかし、シャンデリアやシーリングライトのように、
10kgを超える照明器具を設置するなら、
事前の補強工事が欠かせません。

「新築時は予算の関係で一般的な照明器具にするけど、
いずれは自分好みの照明器具に交換したい…」
などの希望があるなら、
その旨を担当者に伝えておきましょう。

■壁

突っ張り棒があると、デッドスペースを無駄なく活用できます。
物干し、間仕切り、収納など、
壁面を利用してさまざまな利用法を楽しめます。

また、飾り棚のように、
壁を使ったDIYを楽しむこともあるかもしれません。

このとき、壁の強度が足りない場所に設置すると、
落下したり壁に穴が開くことがあります。

・壁を叩いたり下地チェッカーを使って、間柱などの丈夫な場所を探す
・事前に設置する場所を決めておき、新築時に補強しておく
などの対策で、安全に使えるようにしましょう。

■設置も使用も正しい方法で

例えば天井物干しの場合、
施工説明書通りに設置しないと、事故や破損のリスクが高くなります。

そのため、一般の方のDIYではなく、
プロによる施工説明書通りの設置が求められています。

正しく設置しなかった場合、
メーカーは、事故などについての責任を負いません。

突っ張り棒の耐荷重を超えて利用した結果、
壁や天井が損傷した場合も同様です。

設置も使用も、正しい方法を確認しましょう。

■将来の使い方は?

「子ども達が成長したら、ロールスクリーンで間仕切りしよう」
「次にテレビを買い替える時は、壁掛けタイプにしたいな…」
「高い戸棚は不便だから、リフォームする時は電動タイプにしたいな…」
などのように、
壁や天井への負荷を増やす予定はありますか?

強度が足りない場所に設置すると、天井や壁が破損するだけでなく、
近くにいた家族が巻き込まれる恐れがあります。

「補強しておきたい場所が多すぎて予算が追い付かない」
という時は、優先順位を整理したり、
担当者により良い方法を相談しましょう。

 

 

【横浜市】の工務店 テクニカルホームの家づくりに役立つ情報  横浜で家を建てるならひのきの森®


カテゴリー: 未分類  タグ:, , , ,
アーカイブ
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • 129プランの間取り集プレゼント
  • 家づくりのお役立ち情報 無料メール配信
  • Construction Area テクニカルホームの施工エリア 横浜市内および隣接エリアで太いひのきにつつまれた森林浴のできる家ならテクニカルホームにお任せ下さい!横浜市泉区、戸塚区、栄区、旭区
  • ホームページからの来店予約で家づくりに役立つ資料を無料プレゼント!!