[[こんなときどうするの?…リフォーム見積チェックサービス]]

2017/09/29

住宅紛争処理支援センター(住まいるダイヤル)の電話相談窓口:0570-016-100

 

今日は、住まいるダイヤルの『リフォーム見積チェックサービス』についてです。

リフォーム工事のために見積書を作ってもらっても、一般の方は

「意味が分からない」

「本当にこれで大丈夫?」

と不安になって当然です。

そんな時、頼りになるのが『住まいるダイヤル』の『リフォーム見積チェックサービス』(相談無料)です。

まずは0570-016-100に電話した後、郵送かファックスで図面や見積書を送ります。

見積項目や数量の確認、見積書の単価と市場価格等との照合、技術的観点から相談員がチェックし、電話で助言するという流れです。

リフォーム予定があるなら、うっかり忘れを防ぐため、スマホやパソコンに「住まいるダイヤル」をブックマークしておくと安心ですね。^^


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…玄関のニオイ]

2017/08/18

玄関のニオイについてです。

新築の頃、玄関のドアを開けたら木材の優しい香りでいっぱいだった玄関。

しかし、何年も暮らすうちに、消臭剤や芳香剤が欠かせない玄関になることがあります。

最大の原因は靴の湿気です。

湿気がこもりにくい玄関にするには換気が欠かせません。

窓があれば簡単に換気ができますが、新たに窓を設けるのは費用負担も大きいものです。

構造によって、増設できない場合もあります。

そんな時は、ひのきのチップなどを下駄箱の中に置くだけで

匂いが改善されるかもしれません

ご希望の方はプレゼントいたしますので試してみてください。

プレゼントの応募はお気軽に!

0120-3014-86まで。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…フローリング]

2017/08/11

今日はフローリングについてです。

夏、合板のフローリングを裸足で歩くと、足の裏がベタベタして不快ですね。

その点、無垢材のフローリングはサラサラとして、合板のような不快感はありません。

しかし、無垢材は合板より金額が高くて普段のお手入れが面倒。

そのため、合板のフローリングにする方は多いものです。

ただ、最近では天然木に近い質感になるよう、特殊加工された床材も登場しています。

あなたが床のリフォームを考える頃には、さらに種類が増えているかもしれません。

フローリングのリフォームには2つの方法があります。

今使っているフローリングを剥がして貼り替える方法と、剥がさずに重ね貼りする方法です。

重ね貼りの方が時間と費用を節約できますが、重ねた分だけ床が高くなり、扉の高さ調整が必要になることがあるので注意しましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…無金利リフォームローン]

2017/08/04

 

今日は、無金利リフォームローンについてです。

 

 

リフォームローンといえば、住宅ローンより金利が高いのが一般的です。

 

しかし、最近は無金利リフォームローンを取り扱う会社が増えています。

 

大手企業と提携している地方の工務店や、独自の無金利ローンを取り扱っている地方企業もあります。

 

最低借入額が3万円からOKというローンもあれば、支払い回数60回まで無金利

でOKというローンもあるようです。

 

「自宅の劣化は気になるけど、金利負担がネックだから目標金額が貯まるまで我慢しなきゃ」

 

と思っていた人にとっては嬉しいニュースですね。

 

 

リフォームの際にローンを利用する予定なら、それぞれの金利や返済条件などを入念に比較しましょう。

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…温度と湿度の管理]]

2017/07/28

 

 

 「寒暖計 湿度計」の画像検索結果

 

 

今日は、温度と湿度の管理についてです。

 

 

梅雨のように朝から晩まで雨が降り続くことはないものの、ゲリラ豪雨や夕立など、雨が降りやすい今の時期。

 

気温と湿度が高いと、カビやダニが発生しやすくなります。

 

それを防ぐためには、まずそれぞれの部屋の気温と湿度を知ることが肝心です。

 

部屋や押し入れ、キッチンや浴室など、いろんな場所の気温と湿度を測ってみましょう。

 

 

湿度が高くなりがちな場所は、その場所や床下が湿気により劣化するリスクが高い所です。

 

リスクを知れば、換気やこまめな点検などの対策を考えることができます。

 

劣化の早期発見にも役立ちます。

 

次に雨が降った時にでも、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…外壁リフォームの理由1]

2017/07/07

 

 

今日は、外壁をリフォームする理由についてです。

 

梅雨、猛暑、台風など、これからの数か月は、外壁にとって特に厳しい環境が待っています。

 

塗装によるバリア機能が弱まっていると、紫外線や雨水の影響を受けやすくなります。

 

また、サイディングの継ぎ目に使われているシーリングは、年々劣化により縮まり、雨水侵入の一因になっています。

 

気になる方は雨が上がった翌日、外壁をぐるりとチェックしてください。

 

一部分だけ乾いていないところはありませんか?

 

もしかすると、そこは内部まで雨水が入っているかもしれません。

 

早めに業者に相談し、被害の拡大を防ぎましょう。

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…浴槽の形3:コーナー浴槽]]

2017/05/26

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

今日は、コーナー浴槽についてです。

 コーナー浴槽とは、浴室の角に設置する扇形のような浴槽です。

 個性的な形の浴槽にしたい方や、限られたスペースの中で洗い場をより広く確保したい方に向いています

ただし、長方形の浴槽に慣れた方には、違和感が大きくて居心地が悪いかもしれませんが

リゾート気分を味わうならおすすめです

しかし水量が気になりますね! 

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , ,

[[こんなときどうするの?…浴槽の素材4:人造大理石]]

2017/04/28


 
 
 
 
今日は、人造(又は人工)大理石の浴槽についてです。

人造大理石の原材料は樹脂で、天然の大理石に似せて作られています。

外観の長所は、光沢があり、色やデザインが多様であること。

利便性での長所は、耐久性に優れ、汚れを落としやすいことです。

価格帯が幅広い分、外観や性能の差が大きいのも特徴です。

ユニットバスでは人造大理石の浴槽も選ぶことが出来ます。

何を求めるかを明確にして、最適なものを選びたいですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…浴槽の素材3:ホーロー]]

2017/04/21

クリックすると新しいウィンドウで開きます

今日は、ホーローの浴槽についてです。

ホーローは、基礎となる金属部分を表面をガラス質が覆っているものです。

質感や色合いが良く、プラスチック素材より掃除が簡単です。

ほかの素材よりカビが生えにくいのは、お風呂掃除担当の方にとっては最大の長所かもしれませんね。

短所は、ガラス質の劣化や剥がれによりサビが発生することです。

重量もあるので、リフォームの際に設置場所の補強が必要になることもあります。

浴室まわりは湿気により劣化しているケースが多いので、リフォーム前に施工業者や専門業者に調査してもらいましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…浴槽の素材2:ステンレス]]

2017/04/14

「ステンレス 浴...」の画像検索結果

 

 

 

今日は、ステンレスの浴槽についてです。

ステンレスの浴槽の長所は、汚れが付きにくくて衛生的なことです。

掃除しやすく、耐久性も優れています。

短所は重いこと。

そのため、構造体に影響を与えることがあります。

場合によっては床などの補強が必要になります。

二階の浴室リフォームの場合は、特に気を付けたいですね。

意外と知られていませんがステンレスは熱伝導率が低いのでお風呂のお湯が

冷めにくくなっています。

リフォームでユニットバスに交換する方が多い中、ステンレス浴槽の使い勝手が

忘れられず、ユニットバスにせずに在来浴室とし浴槽はステンレスを選ばれる方もいます。

ご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

[[こんなときどうするの?…真壁]]

2017/02/24

0 003

今日は、真壁(しんかべ)についてです。

真壁とは、室内から柱が見える壁のことです。

柱の間の壁は、土壁やモルタル、タイルやビニールクロスなど、様々な素材があります。

主に和室に見られます。

経年劣化により、柱の見栄えや状態が悪くなることがあります。

土壁やモルタル仕上げの場合、ヒビが入ることがあります。

結露などが原因でカビが発生することもあります。

いずれも、早急なケアが大切です。

傷んだ場所が広がる前に、対応したいですね。

また、最近は真壁から大壁(柱を隠す)に変更して自然素材の材料で壁を塗り

洋風に変更するリフォームが増えています。

 

 

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , ,

こんなときどうするの?…断熱材

2016/12/09

imgp5628

今日は、壁内結露についてです。

寒くなると、結露対策が大変ですね。

結露といえば窓周辺というイメージですが、壁の中でも結露が発生することがあります。

それが壁内結露です。

原因は、壁の中の断熱材です。

断熱材が結露に濡れ、それが断熱材が木材に触れることにより、その木材が腐食してしまうんです。

グラスウールやロックウールなどの断熱材は、水を吸うと縮んでしまいます。

そうなると、もう元には戻りません。

そのため、断熱性も低くなってしまいます。

「以前より冷暖房の効きが悪くなった」

「なんだかかび臭い」

といった不安があるなら、壁内を調べてもらいましょう。

放置すると、カビが床下まで広がることがあります。

早めのチェックが大切です。

今は断熱リフォームなど補助金もありますので上手に活用したいですね。

断熱材もさまざまですのでお気軽にお問あわせください。

img_7370

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 家づくりのあれこれ  タグ:, , , , , , , , , , ,
2017年 12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム