【 土地さがしと一緒に  】

2017/08/22

 

あなたは、土地代金と建物代金の両方を1つの住宅ローンで支払う予定ですか?

もしそうなら、知っておいてほしいことがあります。

それは、

『先に土地の購入手続きをすると、家づくりの打ち合わせに使える時間が限られてしまう』

ということです。

あなたに土地を売る不動産屋さんは、手付金を受け取って売買契約を交わし、残金の支払いを待ちます。

しかし、待てる期間は数か月程度です。

その数ヶ月の間に工務店を探して打ち合わせをし、合間に住宅ローンを融資してくれる金融期間を決めたりと

…想像するだけで頭が痛くなりますね。

この忙しさから逃れるには

・土地代を現金で支払う

・予め施工業者を決定し、できるところまで進めておく

・土地と建物それぞれに住宅ローンを組む

といった方法があります。

工務店を決めるより先に気に入った土地を見つけた時は、支払い方法や時期についての不明点は、不動産屋さんに積極的に質問しましょう。

逆に、依頼したい工務店を先に決めた時は、アドバイスを参考にしながら土地を選びましょう。

工務店によっては、不動産屋さんと直接連絡を取って、建物代金の初回支払日(=土地代金の支払日)を決めてくれます。

お施主さん抜きで話が進むことを不本意に感じる人がいるかもしれませんが、専門業者が直接連絡を取り合って調整してくれるのは、何かと忙しい方にとってはありがたいですよね。

より良い家づくりのために、小さな疑問でも気軽に相談できる関係を築きたいですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

【 建て時についての考えはどっち? 】

2017/01/24

 

「近い将来、消費税が引き上げられます」

「こんな低金利は、もう二度とないかもしれない」

「今ならキャンペーンで、こんな特典が!」

そんなフレーズを耳にすると、

「新築するなら今が一番いいのかも」

と、気が焦ってしまいますね。

数千万円の費用を掛けるのですから、少しでもお得な時期に建てたいと思うのは当然です。

しかし、逆の考え方もあります。

数千万円の費用を掛けるのですから、より良い家づくりをするための計画を充分に練って、準備が整うまで待つべき。

さて、みなさんの考えはどちらでしょうか。

家が完成するまでには、ライフサイクルを作成して安全な資金計画を考えたり、納得できる土地を探したり、信頼できる工務店を探したりと、時間を読めない作業が続きます。

打ち合わせや施工期間を含めると、数年がかりの計画になります。

もし、住宅を投資目的で買うのなら、低金利や増税前の時期は絶好のタイミングといえるのでしょう。

しかし、家族のための新居をつくる人にとってはどうでしょうか。

世間のタイミングに合わせるより、自分のタイミングに合わせることが大切だと私は考えます。

自分の建て時と他の人の建て時は違います。

後悔や妥協をしないためにも、

建て時をしっかり見極めたいものですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , ,
2017年 12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム