【 貯蓄を増やす最初の一歩 】

2017/12/19

こんにちは、みなさんは、家計簿や通帳を眺めながら

「新築に向けて貯蓄を増やしたいのに、思うように増やせない・・・」

と悩んだことはありませんか?

夫婦一緒に家計を管理している家庭より、どちらか一人だけで家計を管理している家庭の方がストレスを感じやすいと言われています。

そんなストレスを減らし、貯蓄を加速させるには、夫婦の協力が欠かせません。

では、具体的にどうすればよいのでしょう。

まずは、記録している家計簿を夫婦で一緒にチェックし、お金の流れを把握することから始めましょう。

できれば週に1回。

どんなに忙しくても、せめて2週間に1回は膝を突き合わせてチェックしたいものです。

それを数か月続けることで、週単位、月単位のお金の流れが把握できます。

また、二人で一緒にチェックすることによって、一つ一つの出費に問題意識を持てるようになります。

例えば、お手頃価格の外食でも、回数を重ねると結構な金額になります。

何となく続けていた子供の習い事も、本当に続ける意味があるのかと再考することもできます。

通信料や保険料が適正か、見直すきっかけにもなります。

一つ一つの出費に問題意識を持てるようになると、『欲しいから買う』という思考から『必要だから買う』という思考に変化していきます。

無駄な出費を減らすと貯蓄が増えるので、お金を賢く使うことが楽しくなります。

二人で家計を管理することは、家づくりにも良い影響を与えます。

生活に必要な支出を共に把握しているので、家づくりの予算配分も堅実になるんです。

その思考は、住宅ローン選びや家具選びなど、いろんな場面で役立つことでしょう。

夫婦で家計を管理すると、お金の使い方を相手に批判されることがあるかもしれません。

最初はそれを苦痛に感じるかもしれませんが、無駄な出費を減らし、家づくりの資金を増やすためだと割り切りましょう。

そういえば、不思議なお金の流れから、妻の隠し口座を夫が発見してしまったということを聞いた事があります。

もし、絶対に隠し通したいヘソクリがあるのなら、用心に用心を重ねてください。^^;


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , , ,

【 土地さがしと一緒に  】

2017/08/22

 

あなたは、土地代金と建物代金の両方を1つの住宅ローンで支払う予定ですか?

もしそうなら、知っておいてほしいことがあります。

それは、

『先に土地の購入手続きをすると、家づくりの打ち合わせに使える時間が限られてしまう』

ということです。

あなたに土地を売る不動産屋さんは、手付金を受け取って売買契約を交わし、残金の支払いを待ちます。

しかし、待てる期間は数か月程度です。

その数ヶ月の間に工務店を探して打ち合わせをし、合間に住宅ローンを融資してくれる金融期間を決めたりと

…想像するだけで頭が痛くなりますね。

この忙しさから逃れるには

・土地代を現金で支払う

・予め施工業者を決定し、できるところまで進めておく

・土地と建物それぞれに住宅ローンを組む

といった方法があります。

工務店を決めるより先に気に入った土地を見つけた時は、支払い方法や時期についての不明点は、不動産屋さんに積極的に質問しましょう。

逆に、依頼したい工務店を先に決めた時は、アドバイスを参考にしながら土地を選びましょう。

工務店によっては、不動産屋さんと直接連絡を取って、建物代金の初回支払日(=土地代金の支払日)を決めてくれます。

お施主さん抜きで話が進むことを不本意に感じる人がいるかもしれませんが、専門業者が直接連絡を取り合って調整してくれるのは、何かと忙しい方にとってはありがたいですよね。

より良い家づくりのために、小さな疑問でも気軽に相談できる関係を築きたいですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

【 建て時についての考えはどっち? 】

2017/01/24

 

「近い将来、消費税が引き上げられます」

「こんな低金利は、もう二度とないかもしれない」

「今ならキャンペーンで、こんな特典が!」

そんなフレーズを耳にすると、

「新築するなら今が一番いいのかも」

と、気が焦ってしまいますね。

数千万円の費用を掛けるのですから、少しでもお得な時期に建てたいと思うのは当然です。

しかし、逆の考え方もあります。

数千万円の費用を掛けるのですから、より良い家づくりをするための計画を充分に練って、準備が整うまで待つべき。

さて、みなさんの考えはどちらでしょうか。

家が完成するまでには、ライフサイクルを作成して安全な資金計画を考えたり、納得できる土地を探したり、信頼できる工務店を探したりと、時間を読めない作業が続きます。

打ち合わせや施工期間を含めると、数年がかりの計画になります。

もし、住宅を投資目的で買うのなら、低金利や増税前の時期は絶好のタイミングといえるのでしょう。

しかし、家族のための新居をつくる人にとってはどうでしょうか。

世間のタイミングに合わせるより、自分のタイミングに合わせることが大切だと私は考えます。

自分の建て時と他の人の建て時は違います。

後悔や妥協をしないためにも、

建て時をしっかり見極めたいものですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , ,
2018年 4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム