【 支払い時期と金額の目安 】

2019/04/30

 

分譲マンションや建売住宅を購入する際の支払い回数は、手付金と最終支払いの2回程度です。

しかし、新築する際は回数が増えます。

業者によって支払い回数や金額の割合は異なりますが、今日は一般的な事例を紹介します。

1.手付金

 契約書に記名押印し、正式に契約を結んだ時に支払います。

 工事費の1割~2割程度が目安です。

2.着工金

 新築工事が始まる時期に支払います。

 工事費の2割~3割程度が目安です。

 業者によっては、手付金と着工金を、契約締結時にまとめて請求する場合もあります。

3.中間金

 屋根と骨組みができた頃(=上棟)に支払います。

 工事費の3割程度が目安です。

4.最終金

 新居が完成した際、追加工事の費用なども含め、未払い分の工事費を全て支払います。

もし、あなたの自己資金が少ない場合、業者によっては、手付金や着工金を減額し、中間金を増やすなどの調整に応じてくれます。

早めに相談しましょう。

ところで着工金や中間金の支払いに住宅ローンを利用したい場合、金融機関によっては、支払い時期に必要な額だけ分割実行してくれます。

これを『つなぎ融資』といいます。

ただし、すべての金融機関がつなぎ融資を行っているわけではありません。

また、その上限回数は金融機関によって異なります。

つなぎ融資の金利は、少し高くなることもあります。

住宅ローンを選ぶ際には、それらの情報チェックは欠かせませんね。

施工業者と交わす契約書には、手付金や着工金、中間金の支払い時期と金額が記載されます。

つなぎ融資を利用して支払う予定なら、まずは施工業者に時期と金額を確認し、それに合わせてつなぎ融資を受けられるか必ず金融機関に確認しましょう。

そして契約締結時は、契約書に記載されている支払い時期と金額が施工業者と話し合って納得したものかどうか、念入りに確かめてくださいね。

もし契約書に記載された時期や額に疑問を感じたら、署名押印はお預けにして、納得できるまで話し合った方がいいですよ。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , ,
2019年 4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム