【 施工業者の見積書では把握できない出費 】

2019/03/26

返済可能額を何度も計算し、万全の資金計画を立てて臨んだはずの新築計画。

なのに、予算オーバーしてしまう人は多いものです。

予算オーバーの原因になりやすいのは、施工業者の見積書では把握できない出費です。

初めて新築する人は『予算=土地代+建物代+諸費用』とイメージしがちです。

業者との打ち合わせでは、総予算から土地代と諸費用を差し引いた額を最大限に生かせる家づくりを検討していきます。

そのため、そんなイメージを持ってしまうのも仕方のないことなのかもしれません。

ところで見積書で把握できない出費には、どのようなものがあるのでしょう。

●地盤改良費

地盤改良を行う場合、数十万円から数百万円の費用が必要です。

しかし、地盤調査を行わずに契約をした場合、契約の段階では地盤改良の必要性すらわかりません。

●外構工事

カーポート・塀など、事前に必要な設備に対する予算取りをしたはずなのに、入居後に不便を感じて追加工事を行うことがあります。

別業者に依頼したり、複数回に分けて工事を行うと割高になりがちです。

●家具・家電

今まで使っていた家具や家電を使い続ける予定で、部屋数が増える分のエアコンや照明器具の費用は先取りしていた。

しかし、新居に持ち込んだ家具や家電が古臭く感じて、結局全部買い替えることになった…。

そんなケースは少なくありません。

●設計・仕様変更

建築中の新居を見てイメージが湧き、材料や設計・仕様の変更を依頼する人がいます。

わずかな変更でも、変更箇所が増えれば数十万~数百万円の出費になります。

「返済可能額を予算にしたものの、最終的には融資限度額が予算になってしまった」

「手元に残すはずだった資金を、予算超過分に充ててしまった」

となると、不安を抱えながら新生活を始めることになります。

新築経験者の失敗談も参考にしながら、今一度、予算配分を見直してみましょう。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , ,
2019年 3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム