【 心強い相談相手『住宅紛争処理センター』 】

2018/10/23

 

多くの人にとって、家づくりは一生に一度の経験です。

当然、疑問や不安に悩まされることはあります。

業者とのトラブルが原因で、家づくりが苦痛になる人もいます。

そんな時、心強い相談相手となる機関があります。

それは、『住宅紛争処理センター』です。

『住まいるダイヤル』ともいいます。

国土交通大臣から指定を受けた住宅専門の相談窓口で、プライバシーの保護は徹底されています。

相談方法は、電話と対面の2種類です。

電話相談を担当するのは経験豊富な建築士。

必要に応じて、常駐弁護士に法律的な助言を受けることもできます。

対面相談では、弁護士、建築士各1名が同席します。

(人数は弁護士会により変更の可能性有り)

相談時間は1時間という制限があるものの、費用は原則無料なので安心です。

また、全国52の弁護士会に設けられた住宅紛争審査会では、建設住宅性能評価書が交付されている住宅(評価住宅)や住宅瑕疵担保責任保険が付されている住宅(保険付き住宅)のトラブルについて、裁判外の紛争処理(あっせん・調停・仲裁)も行っています。

住宅の不具合や契約に関わる『住宅のトラブルに関する相談』や、住宅に関する技術、法令、支援制度等の『知見相談』など、多くの施主が利用しています。

相談できるのは、新築やリフォームに関することだけではありません。

中古住宅やマンションに関する相談や、地震などで被災した際の補修に関する相談もできます。

ホームページには、

「契約と異なるタイプの雨戸シャッターが取り付けられた」

「遅延損害金や追加工事費について、施工業者と折り合いがつかない」

といった相談事例や、その助言内容などが紹介されています。

相談事例は定期的に更新されています。

疑問や不安を抱いた時、信頼できる相談相手がいると心強いものです。

 


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , ,
2018年 10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム