【 複数の業者の見積書を比べる時の注意点 】

2018/09/11

あなたは、新築やリフォームの際、複数の業者の見積書を比較したいですか?

「相場を知りたい」

「少しでも安く仕上げたい」

と思うなら、きっと見比べたいことでしょう。

しかし、漠然と依頼すると失敗します。

必ず、

「全く同じプランで、価格がどれくらい違うのか知りたい」

「私の希望・要望をプランにどう反映させるのか、業者のセンスや相性を知りたい」

など、目的を明確にしてください。

言われてみると当然のことですねが

案外気づかないものです。

その理由は、普段の生活の中で、車や家電など、まったく同じ商品の価格を比較することに慣れているからです。

ただ一つだけ注意してほしいことがあります。

それは、値引き交渉や駆け引き材料にすることを目的にしない方がいいということです。

なぜなら、目先のことに左右されて家づくりが失敗するかもしれないからです。

どうしても金額を比べるのなら、「使うもの」「つくるもの」を全て同じにしましょう。

でないと、正確に比較できません。

なお、見積書が詳細であればあるほど、その計算には人件費などの経費が発生します。

業者によっては、作成費用を請求することがあります。

トラブルを防ぐため、作成費用については依頼する前に確認しましょう。

最後に、技術力の高いベテラン職人と経験の浅い職人では人件費が異なります。

ほかにも、仕入れルートや工法など、数字には多くの意味が隠されています。

表示された金額だけ比べるのは、案外難しいものです。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , ,
2018年 9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム