[[こんなときどうするの?… 敷居]

2017/02/17

クリックすると新しいウィンドウで開きます

今日は敷居についてです。

敷居とは、襖や障子などの建具の開口部の下部に取り付ける、溝やレールがついた建材のことです。

比較的丈夫な木材が使われていますが、長く住み続けると、ささくれや滑りの悪さが気になることがあります。

ささくれの補修は、目の粗い紙やすりで削った後、目の細かい紙やすりで仕上げるとよいでしょう。

木工用ボンドを薄く塗って対応する人もいるようです。

滑りの悪さを解消する昔ながらの方法は、ロウを塗ることです。

最近は、シールテープや専用スプレーも充実しているので、好きな方法を選ぶとよいでしょう。

足腰が弱くなると

「段差でつまづきやすくなったから不安」

という場合があります。

気になることがあればご相談くださいね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , , , , , , , , , ,
2018年 10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム