後悔しない家づくりの秘訣元現場監督テクニカルホーム社長のブログ

「 今年の熱中症対策は、いつも以上に念入りに。 」

2020/05/26

皆さんのお宅では、もうエアコンの試運転をしましたか?

5月から9月は熱中症患者が増える時期です。

もし、外出自粛で運動不足になっているなら、

いつもより熱中症のリスクは高いかもしれません。

最近汗をかいていないなら、

体温調整する機能が衰えているかもしれません。

ちなみに、ダイキンが推奨する試運転は、

1.運転モードを冷房にし、最低温度で10分程度運転

2.冷風が出ているか、異常を示すランプが点滅していないか確認

3.さらに30分程度運転し、室内機から水漏れが無いか確認

4.異臭や異音がしないか確認

という手順です。

早めに試運転をし、

性能に問題はないか確認しておきましょう。

■昨年の状況

総務省消防庁によると、

昨年5月から9月の熱中症による救急搬送人員の累計は、

全国で71,317人でした。

発生場所は、多い順に

・住居(敷地内全体を含む)・・27,500人(38.6%)

・道路・・・・・・・・・・・・11,137人(15.6%)

・公衆(屋外)・・・・・・・・ 8,944 人(12.5%)

・仕事場(道路工事現場・工場等) 7,403人(10.4%)

となっています。

■熱中症と新型コロナ対策に欠かせない『換気』

24時間換気システムがあれば一定の換気はできますが、

家族の人数や行動、フィルターの清掃状況によっては、

換気不足になるかもしれません。

短時間で効率よく換気したいときは、

対角線上の2か所の窓を開けて風の通り道を確保しましょう。

窓が1か所しかない場合、

扇風機を窓側に向けて運転するとよいでしょう。

なお、エアコンや空気清浄機は、

外の空気と入れ替えるのではなく、

室内の空気を循環させているだけなので注意しましょう。

■マスクがリスクを高める?

人は、食事以外に1.5~2リットルの水分補給が必要だとか。

吸収率を高めるためには、

100~150cc程度の量を定期的に飲むと良いとされています。

しかし、何度もマスクを外して水分補給するのは面倒ですよね。

一度に飲む量を増やして飲む回数を減らしたくなりますが、

飲む量が多いと、体内に吸収しきれなかった分が

そのまま排出されてしまいます。

これでは、必要量を飲んでも水分不足になってしまいます。

また、マスクをつけっぱなしだと口の中が乾きにくいので、

喉の渇きに気づかないことがあります。

熱がこもって体温が上昇しやすいため、

マスクをしながら運動する方は特に注意が必要です。

苦しい思いをしないためにも、医療崩壊を防ぐためにも、

今年はいつも以上の熱中症対策が必要です。

・エアコンが正常に動くか、早めに確認する

・換気フィルターの掃除をする

・扇風機や室温計を買い足す

・よしずや遮熱カーテン等で外気熱の侵入を防ぐ

・水分摂取量がわかるよう、家族それぞれに水筒を用意する

など、早めに対策しておきましょう。

【横浜市】の工務店 テクニカルホームの家づくりに役立つ情報  横浜で家を建てるならひのきの森®


カテゴリー: ブログ  タグ:, , , ,
アーカイブ
2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • 129プランの間取り集プレゼント
  • 家づくりのお役立ち情報 無料メール配信
  • Construction Area テクニカルホームの施工エリア 横浜市内および隣接エリアで太いひのきにつつまれた森林浴のできる家ならテクニカルホームにお任せ下さい!横浜市泉区、戸塚区、栄区、旭区
  • ホームページからの来店予約で家づくりに役立つ資料を無料プレゼント!!