【 それぞれの工法のメリットとデメリット 】

2019/01/29

 

一戸建ての工法は、大きく分けると3種類あります。

今日は、それぞれのメリットとデメリットを簡単に紹介します。

●木造軸組み工法

建物の骨組みは、木の柱とはりを組み合わせたものです。

古来より伝わる伝統的な工法なので『在来工法』ともいいます。

メリットは、

・設計の自由度が高い

・ほかの工法より増改築しやすい

・木材が持つ調湿機能が、高温多湿の日本の気候に適している

・昔からある工法なので、施工できる業者が多い

など。

デメリットは、

・大工の技術力により、仕上がりに差が生じやすい

・地震で接合部が外れると倒壊する危険性がある

・通気性が悪いとシロアリ被害が出やすい

・強度が弱くなるので、柱のない大空間の実現は難しい

などが挙げられます。

●2×4(ツーバイフォー)工法

厚さ2インチ×幅4インチの角材でパネルをつくり、そのパネルを床、壁、天井として箱状に組み立てる工法です。

メリットは、

・気密性、断熱性、遮音性、防火性、断熱性が優れている

・規格化が進んでいるので、

 職人の技術力に左右されず、品質のバラつきが少ない

など。

デメリットは、

・他の工法より間取りの変更が難しい

・壁の量と配置バランスが重要なので、大きな窓は設置できない

・気密性が高いため、湿気がこもりやすい

などがあります。

●プレハブ工法

大半の部材を工場で製造し、現場で組み立てます。

主要部材によって木質系、鉄骨系、コンクリート系があります。

メリットは

・職人の技術力による仕上げのバラつきが少ない

・現場での作業が少ないので、工期が比較的短い

・規格か材料や工期の短さなどにより、費用を抑えられる

など。

デメリットは

・工法は各業者独自のものなので、

 施工業者以外に増改築を依頼するのは難しい

・工場生産なので、設計の自由度が低い

などです。

それぞれのメリットとデメリットを理解し、家族の暮らし方に最も適した工法を選びたいですね。


カテゴリー: ブログ  タグ:, , ,
2019年 2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
アーカイブ
お問い合わせは 0120-3014-86
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!お問い合わせフォーム